【水中ドローンの活躍】会津若松で水難訓練へ応用!

ドローンニュース

ドローンがあらゆる分野に応用されるようになってきました!

藤沢市ではライフセーバーの補助として、
ドローンが用いられていると前回紹介致しました

こちらの記事では
空撮ドローンとしての活躍が書かれていましたね

ドローンが人命救助の助けになるというのは
ドローンファンとしては嬉しいところ!

やはり空からの探索補助が
まだメインなのかな~と思っていた矢先!

水中ドローンの活躍がNewsになりました!

福島の会津若松消防本部が実施!

2020年6月16日、福島の会津若松
株式会社スペースワンの協力のもと、水難救助訓練が行われました。

内容は、会津水泳場の水深5mのプールにて
高性能水中ドローンを用いた
水中の探索と担架による水中救助訓練が行われました!

水中ドローンが具体的に訓練に落とし込まれている風景は
とても新鮮!

今回は、映像撮影だけでなく
アタッチメントを用いたドローンの ”掴む”
というアクションも利用されており
より救助の補助としての幅が広がっています。

救助隊員からの声では

「人が入れないところに行くことができることで救助に役立つ。」

「今後、水中ドローンが当たり前に救助に当たる日も近いと思いました。」

こういった声を聞くと、
ドローンファンとしては嬉しいです!

さらには、
2020年9月16日、
猪苗代湖 田面浜の沖合にて実地訓練を実施
自然環境下でも有用なパフォーマンスが得られるかの検証が行われました。
潜水士が活動できない水深20mでの動作について確認した模様です。

水中ドローンで円滑な捜索検証 若松地方消防本部

 

現実問題、
実地での利用を考えると
波や水質による視界の変化があるため
空撮以上に水中でのドローンの操縦は難しそうです。

そして、ドローンの操縦に関しては技術者が少ないという問題もあります。
さらに、水中、加えて作業型のドローンとなるとよりレベルは上がってくるでしょう。

すでに、ドローン操縦士
なんて職業名が一般化され始めており、
磨く技術の一つとして注目されています。
操縦士の存在がどんどん増えてほしいものですね。

水中ドローンの今後の活躍に期待が高まる

実際に訓練に用いられている風景をみることで、
より明確にドローンが社会へ溶け込んでいる世界がイメージできました。

水中ドローン自体の進化も楽しみですし、
救助×ドローン という話題が最近は当たり前になってきました。

そもそも救助に応用するためには?
と開発されるドローンも出てきているほど!

そんなシチュエーション特化型のドローンについても
どこかで紹介できればと思います!

ピックアップ記事

関連記事一覧