ドローンジョプラスが日本初のドローン個宅配送の実証実験に参加!将来の物流はどう変わる?

ドローンニュース

みなさん、こんにちは!
ドローンジョプラスのあっちゃんです。

さて、今回は先日の記事で下見に行った北海道の上士幌町で、ドローン配送の実証実験が行われるとのことで、”補助者”として実験に参加してきました〜!
大自然とテクノロジーが混ざり合う、近未来的な上士幌町の魅力については以前の記事をぜひご覧ください♪
ドローンジョプラス、北海道の地に遠征!大自然と最先端テクノロジーが混ざりあう北海道上士幌町の魅力!!

正直、ドローンが物を運ぶところを映像では見たことがありましたが、本当に社会に実装できるのかな?と疑問に思っていたところがあります。
でも、今回の実証実験に参加してみて、ホントに実現されるんだ〜!という期待がさらに高まりました!
将来、日本の物流はどう変わっていくのか?上士幌町で行われた実証実験の内容をレポートしながら、簡単に解説しますね!


ドローン配送のいま


日本が抱える課題に、特に地方に住む方々への配送コストが高いという問題があります。
逆に住んでいる方が薬を取りに行ったり、生活用品を買いに行ったりするにも、車で何十分〜何時間も離れた病院やお店まで行かなければなりません。

実際に私たちも現地で見て、市街地から離れた農村部は農家が多いこともあって、家と家の間がめちゃくちゃ遠い!!
敷地面積が大きいので、これは確かに1件ずつ回るのはとても大変そうだな・・・と思いました。

そんな上士幌町での配送をドローンでやってもらおう!というのが今回の実証試験のプロジェクト。
始めて見る物流専用のドローンの機体の大きさにとても驚きました!
大きさ100cm以上(※)にもなる機体は力強く、5km以上の距離を飛行します。
※全長1400mm(プロペラ含まず):エアロネクスト発表。

飛行中の物流専用のドローンは、普段飛ばしている小型ドローンとは大きさが全く異なるため、改めて今回の実証実験のスケールの大きさを実感しました。

▲物流専用ドローン


上士幌町で行われたドローン配送の実証実験の様子


今回は2つのシーンでドローンの配送実験が行われました。
1つ目は、ナイタイテラスという大きな牧草地帯の高台に作られた施設へ、バーベキューの材料を麓から運ぶという実験。
2つ目が、上音更地区在住の高齢者が持つタブレット端末から注文された商品を、ドローンデポの役割を持つ旧上音更小学校で商品をピッキングし、自宅まで商品を直接ドローンでお届けするという実験。
注文した商品の中には卵も入っており、ドローンの動きで割れないか??見どころが満載です!

私たちは補助者として2つ目の個宅配送の実験に参加させていただきました。
まずは離発着地である、旧上音更小学校のグラウンドからお届け先までの経路を確認します。
ドローンデポで商品を箱に詰めてドローン宅配ボックスを搭載して離陸した後、ドローンは40mほど上昇。
注文があったご自宅の上空まで移動した後、敷地内のポート(事前に作成した着陸地点)に着陸する。という動きで配送します。
ここまでが全て自動で行われるというので驚き!!

現場の雰囲気はみんな仲が良く、和気あいあいとした雰囲気ではありましたが、実証実験の本番が近づいてくると現場の空気に変化が…
実際にルートをエアロネクストのスタッフさんと確認して、私たちは道路の上空をドローンが通る際に、車が通過していないか?歩行者がいないか?高さはどのくらいか?といった周りの状況を確認し、細かな連携と集中力が必要な現場でした。
ドローンが落ちることはまず無いそうですが、目視ができない場所での飛行は禁止されているため、この実証実験が成功するかどうかを左右する重要な役割で緊張・・・!

▲実証実験の様子

さらに今回のドローン配送の実証試験はかなり多くのメディアが取材に集まってきていました。
特に個人宅までドローンが直接宅配するのは日本で初めての試みなのだそうです・・・!
多くの人が見守る中、ドローンは無事に配送成功!
卵も1個も割れることなく、無事に注文された方のご自宅まで配送されたのでした。
自動操縦なのにあそこまでキレイにポートに離発着するドローンを見て技術の高さに感動しちゃいました!!

▲集まった多くのメディア


今後のドローン配送はどう変わる?


北海道の上士幌町ではスマートタウン化に向けた実験をどんどん進めていて、ドローン配送もその一環とのこと。

ホテルやシェアオフィスなど積極的にICT化を進める上士幌町のスピード感を考えると、近い将来ドローン配送が実装されそう!と実感がグングン沸きました!

山梨県小菅村と言う東京から片道2時間ほどの場所でも、すでにドローン配送の実証試験が行われていて、もうまもなく通算配送回数200回を達成し、日本で最多なんだそうです!
株式会社エアロネクスト代表の田路社長によると、ドローンの国内配送技術については、海外に負けておらずむしろ良いペースで進んでいるそう。
ドローンジョプラスも今後は補助者としてこうしたお手伝いに積極的に入らせていただく予定です。
ドローンが輸送サービスと言う形で地方に活躍する場が増えたら面白い時代がやってきそうですね!

とはいえ、ドローン配送について開発者の方と話し、物流専用ドローンの実物を見たからこそ課題があることも分かりました。
生活の一部になるまで試行錯誤は続きそうですし、私もドローンに携わる者として少しでも力になりたい!と思いました。
今後、ドローンがどのように活用されるのか楽しみで仕方ありません!


ドローン講座を開催してみて


実証実験と並行して、ドローンジョプラス主催のドローン講座も開催しました!
ドローン講座に参加してくれた小学生・中学生は大自然で育ったからなのかとても元気がよく、ドローンに対して純粋にキラキラした目を向けてくれたことがうれしかったです!
親子でドローン講座を楽しんでおられる姿がとても愛くるしい!

また、最先端のテクノロジーを取り入れることに力を入れておられる町ということもあり、
ドローンという新しいものを見た時の子どもたちの反応も、怖い!ではなく、
すごい!という反応で受け入れられる態勢がすごく整っているということにも驚きました!

詳しくはドローン講座についての記事を書いていますので、ぜひご覧ください♪
ドローンの聖地を目指す、北海道上士幌町でドローン講座を開催!

▲ドローン講座の様子


上士幌でのドローン講座・実証実験を終えて


長期にわたり上士幌町に滞在して、滞在した日々を振り返ってみると本当に充実した毎日でした!
上士幌町の大自然はもちろんのこと、現地で出会った人々、新しいものへの好奇心と積極性。
その全てに魅力がたっぷりな町でした!
これまでの活動はドローンパイロットとして携わることが多かったですが、実証実験では開発者目線で関わることもでき、IT関係の仕事をしているということもあり、胸が高鳴りました!
スケジュール管理やプロジェクトを進めていく中での微調整など、普段している仕事と似ている部分も多く、とても面白かったです!
ぜひ次回はパイロットと開発者のどちらの目線からも中心メンバーとして関わっていきたいです!

▲今回参加したドローンジョプラスメンバー

今回のドローン講座・実証実験はドローン業界にとって大きな前進となりました。
その現場にドローンジョプラスとして共に参加することができて本当に幸せです!
今後の活動にもぜひご注目ください!!

ドローンジョプラスは北は北海道から南は沖縄まで!日本全国で活動している約100名からなる女性だけのドローンパイロットチームです!
普段はドローン初心者の方や親子に向けてドローンの体験会イベントを開催したり、ドローンを持って撮影や旅行をしに行ったり、ドローンを通して様々な活動を行っています!

☆ドローンについて知りたい・飛ばせるようになりたい方は勉強会のページへ♪
☆屋外で思い切りドローンを飛ばしたい・空撮にチャレンジしたい方は空撮ツアーのページへ♪
☆ドローンジョプラスやメンバー・活動について知りたい方はインスタツイッターをチェック!

ピックアップ記事

関連記事一覧