ジューンブライドにフォトウェディング撮影!ドローンで最高の1枚♪

ドローンニュース

皆さんジューンブライドという言葉を知っていますか?
6月に結婚すれば女性は幸せになれるという言い伝えがあるのです。
最近は、フォトウエディングやフォト婚が注目されています。
幸せになりたいという思いから、6月に思い出になる写真を撮る人も多いです。
ドローンを使って最高の1枚を撮ってみませんか?

 

6月に結婚する女性は幸せになれる

ジューンブライドはローマ神話から来た話

ジューンブライドは、いろんな説があります。
『6月に結婚する女性は幸せになれる』という話が、ヨーロッパの神話から来ているようです。
ローマ神話の結婚や出産を司り、6月を守護してる女神JUNO(ジュノ)から語り継がれています。
また、昔のヨーロッパでは3月~5月は農作の収穫時期のため結婚式が出来ず、6月に結婚式をするカップルが多かったようです。
日本は梅雨の時期ですが、海外では心地よい気候になり6月に結婚式を挙げやすいということがあります。

 

ブライダル業界がヨーロッパの風習を広めた

結婚式は、春や秋といった気候の良い日にする人が多いです。
日本の6月は梅雨時期ですが、そこに目をつけた老舗のホテルからジューンブライドに着目して広がっていったとされています。
6月にもっと結婚式を挙げる人を増やしたいと、ブライダル業界がヨーロッパの風習であるジューンブライドを広めました。
今では、海外で挙式をする人も増えており、梅雨も関係なく結婚式の幅が広がっています。

ジューンブライドでドローン撮影をしよう

フォトウェディング撮影が人気

このコロナの時期で、結婚式を行わない人も増えてきています。
結婚式はせず、ウエディングドレスや和服を着て写真だけの結婚式、いわゆる『フォトウエディング』という新しいスタイルの結婚式です。
結婚式をあげるより安く、好きなロケーションで写真撮影に集中でき、美しい形で思い出を写真に残すことができます。
最近では、ドローン撮影を結婚式のプランとして組み込む人も増えているようです。
ドローンで空撮をすることで、地上からの撮影とは全く違った景色も人気の一つになります。
様々なアングルからの撮影ができるので、映画のワンシーンのような写真や動画の撮影が可能です。

 

まとめ

6月に結婚式を挙げる習慣はヨーロッパが関係していました。
ジューンブライド の由来や、結婚式でのドローン撮影において知っていくと面白いですよね。
特に女性にとって結婚式は特別なイベントです。
幸せになりたいと誰もが願っていると思います。
その思い出作りの1つとして、ドローン撮影は今後も活躍することでしょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧