やってみよう!ドローンファイト!老若男女、誰でもできる!

ドローンニュース

ドローンといえば、
上空からの撮影が一般的な使い方です。

ドローンジョプラスでも

以前お手軽に使える撮影機種として
DJI MINI2を使った撮影を
ヒルナンデスさんでアシスタントさせて
いただきました。

改めて、
迫力のある空撮動画は
SNSを盛り上げるにはもってこい。

もちろん、撮影だけではなく、
上級者になるとドローンレースなどの
テクニカルな競技もありますね。

今回は、なんと世界初?の
dスポーツ(eスポーツじゃないですよ!)
ドローンファイトのご紹介です。

dスポーツ:ドローンファイト!!

「ドローンファイト」
と聞いて、激しい空中バトルを想像しませんでしたか?
私には縁のないスポーツだと思った方もいらっしゃるかと思います。

心配する必要はありません。
このドローンファイト、
ドローンレースとは違い、
老若男女、子供でもお手軽に遊べる
安全なスポーツなんです。

競技内容はいたって簡単。
宙に浮く競技用の風船を
ミニドローンを使って割るだけ。

簡単そうでしょう?

公式に発売された世界初!
ドローンファイト公式風船ユニット
『BANGPOINT(バンポイント)』2,200円(税込み)
風船50個入り
product | バルーンバスターズ【公式サイト】

が製品として販売されています。
安全性の高い風船が世界初なんだそうです。

そしてドローンには
ドローンジョプラス検定機でもある
『KE-181』 6,820円(税込み)
KE-181|k-one.
が推奨機として紹介されています。

このお手頃価格なら、
体育館やレンタルスペースを借りて、
あるいは自宅で
チャレンジするのもありかもしれません。

 

日本ドローンファイト協会まで!

そして、
このスポーツを支えるのは、
JDFA(一般社団法人日本ドローンファイト協会)です。

JDFA公式ホームページはこちら
一般社団法人日本ドローンファイト協会

ドローンファイトの説明動画も作成しております。

この協会は、

”「ドローンを通じて想像力の育成と健全なコミュニケーションの機会を創造し人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する」”

を理念にかかげ、
社会貢献、国際交流などを目標に活動しています。

コロナウイルス感染症の拡大防止のため
中止になってしまいましたが、
東京おもちゃショーにも出展予定だった本企画。

ゆくゆくは玩具としての枠を超えて、
異業種交流、アニメ、漫画化なども
考えているとのこと!

ここまで聞くとチャレンジしない方が
マイナーになってきそうな気持ち。

 

まとめ

お手軽、安全、誰でも楽しめる
それが
dスポーツ:ドローンファイト

風船と小型ドローンを合わせて1万で、
気軽に購入できるのも
嬉しいですね。

子どもへのプレゼント
にもいいかもしれません。

ちょっとタイトルで
難しいかも、と思っていたあなたも
少し興味が湧いてきたことでしょう。

これを機に、
あなたもドローンファイターになってみませんか。

ピックアップ記事

関連記事一覧