ドローンと音楽のコラボレーター「ラビさん」の魅力とは☆

ドローンニュース

今回は、ドローンジョプラスのメンバーでもあり、プロミュージシャンの先生の協力のもと作曲活動を行っているラビさんにインタビューをさせていただきました。
ラビさん自身も歌手デビューされ、ご自身の曲はカラオケにも収録されています。

現在はメジャーデビューを目指し活動されているラビさんに、お話を聞かせていただきました。

ラビさんと音楽

ラビさんは作詞家ですが、元々は楽器を演奏することが出来ませんでした。
しかし、学生の頃から歌うことが好きで、毎年文化祭では歌のステージにも出場されていました。
そんなラビさんは3年前からキーボード・ボーカル・ドラムを習い始め、
その経験の中で自分自身の音楽も作りたいと思い作詞家の道に進まれました。
作詞をする中でラビさんが大事されていることは、子どもでも口ずさむことができるような遊び心です。
特に、専門用語を多く使わないことや共感を意識して曲を書かれているそうです。

 

ラビさんとドローン

そんな音楽の道に進んでいたラビさんとドローンとの出会いは3年前に遡ります。
その当時のドローンは、ドローンがピザを自宅に届けてくれるという近未来的な明るいニュースがある一方で、ドローンを使った犯罪や事故のような暗いニュースも世の中を騒がせていました。
このようなニュースを見た時にラビさんは、世間の情報に左右されるのではなく、
自分でドローンの実物を見て、操縦してみたいと思うようになりました。

 

ラビさんとドローンジョプラス

ドローンに興味を持ちはじめたラビさんと、ドローンジョプラスとの出会いは秒読みでした。
ドローンはラジコンのような機械ということあり、中高年男性が扱うイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか?
しかし、ドローンジョプラスは女性を中心としたメンバーで構成されているので、ラビさんにとっては衝撃だったそうです。
「求めていたコミュニティだったから勢いでメンバーになりました(笑)。知的好奇心の強い女性メンバーのみなさんと一緒に活動することが何よりも楽しい」と話されていました。
現在、ラビさんはドローンの歌も制作されています。
多くの人にその歌を歌ってもらい、ミュージックビデオもドローンで撮影して、ドローンの魅力を世の中に広めていきたい、と話されていました。

実際に制作された歌はコチラです。

ラビさんのこれから

とにかく好奇心に溢れ、新しいことにどんどんチャレンジされているラビさんにこれからの活動についてもお話を伺いました。
遊び心をもって音楽活動をされているラビさんは今後「音楽×ロボット」を世に広めたいとのこと。

その話の中で、電子楽器を製作・パフォーマンスもされている株式会社明和電機(本社:東京都品川区)の話題になりました。
明和電機は、お寿司やおたま型の楽器などユニークな楽器を作っている会社で、そういったメカ楽器とコラボすることで、子どもも大人も楽しむことができるコンテンツを生み出すことができるのではないかと思ったそうです。

現時点では、ドローンと音楽がコラボする際の課題は、プロペラの駆動音が大きくて音楽のメロディが聞き取りにくくなる点です。
しかし、今後の技術の発展の中でその課題が解決できれば、例えば手で持つマイクではなくドローンが自由に歌っている人の前を飛行し、両手があいた状態で歌って踊ることができたり、スピーカーとしての役割を持ったドローンが遠くの客席の人に音を届けたり、ドローン自体が楽器になったりする時代がくるのではないかと、ラビさんがこれからの新しいアイデアと近未来にワクワクされている表情が印象的でした。

ラビさん自身は、人生100年時代と言われている中で何歳になってもチャレンジをしていきたい!と話されており、今後は音楽で国際大会に出ることも視野に入れられて活動されています。
常に新しいことにチャレンジし続けるラビさんの今後の活動にも注目です!

ラビさんとドローンジョプラスの活動

最後に、ラビさんにとってのドローンジョプラスの活動について語っていただきました。
ラビさんは数多くある魅力の中で最も強く感じるのは「一緒に活動する人」と話されていました。
ドローンジョプラスのメンバーは、1人1人が目的をもって主体的に参加している方々ばかり。
そんなメンバーとドローンの魅力を発信することで、ジェンダー平等の社会に貢献し、社会全体がより良くなるように活動をしているのがドローンジョプラス。
この活動をたくさんの人に知ってもらいたい、とラビさんの思いを話していただきました。

 

 

以上、今回は作詞家の一面を持ち、ドローンジョプラスのメンバーでもあるラビさんにお話を聞かせていただきました。
常に新しいことにチャレンジし、好奇心と探究心を持って行動されているラビさんの姿に、とても魅力を感じました。
音楽の世界だけでなくドローンの世界にも積極的に活動の幅を広げていらっしゃるラビさんと、今後もさまざまな形でコラボしていけたらと思います。

ドローンジョプラスでは、今後もさまざまな分野で活躍されている方とコラボして、ドローンの魅力を世の中に発信していきたいと思います。
それではお楽しみに!

ピックアップ記事

関連記事一覧