超長距離飛行も実現!?日々高まるドローンへの投資

ドローンニュース

みなさんは、ドローンの飛んでいる姿を見たことありますか??
ドローンにはさまざま種類があり、撮影用はもちろん、室内で遊ぶ用のトイドローンや、産業用途として開発されたドローンもあります。

 

全ての飛行姿を見るのは難しいかもしれませんが、見たことない人にとっては、優雅に空を飛んでいるようなものをイメージするのではないでしょうか?

今回は、そんな優雅に空を飛んでいるようなイメージが張り替わる、驚きのドローンを見つけましたので紹介します!

 

Volansi(ヴォランシ)が開発したM20

Volansiとはアメリカにあるドローンメーカーの会社です。

Volansi

「Volansi」より引用

特に長距離飛行をメインに開発しているのですが、最近の主力として注目を集めているのがM20というドローン機種です。
驚くべき点は、なんといっても飛行距離速度です!
このM20の飛行距離はなんと約560km!!
そして最高速度は120km/hという、高速道路を走る車より速い速度を出すことができるのです!

 

以前に100km離れた場所にもドローンを飛ばせる というニュースを取り上げさせて頂きました。

 

しかしこのM20はその約5.6倍なんです。
本当にすごいですよね。。。。
主な用途は医療物資の輸送ということもあり、これから更なる活躍の場を広げていきそうですね。

 

ドローンへの期待

なぜここまで性能の良いものがどんどん世の中に出てくるのでしょうか??
それだけ世の中から必要とされているのはもちろんですが、わたしは世の中がドローンの可能性に期待をしているからだと思っています。

 

そんな可能性に期待をして、
「こんな機能があればいいな」「こんなものがあれば便利だな」
と想いを巡らせて新開発が進んでいく昨今ですが、当時は画期的だったものも今では当たり前・身近なものになってきつつあります。

 

ドローンをはじめ、高性能な”機械”が身近になってきたのも、先人たちの努力のおかげです。
では、これからドローンが当たり前になっていく未来があるとすれば、今のわたしたちの努力が必要不可欠になってくるのではないでしょうか??

 

まさに世の中がその流れになっており、ドローンが出来る可能性に期待をしている人が増えてきています。
その証拠に、この機体を開発した「Volansi」に対して、さまざまな投資家が投資をしているのです!

 

53億円の投資

投資家にとって気になるであろう記事がありましたので、紹介します。

長距離輸送用ドローンメーカーVolansiが新型コロナを追い風に53億円調達

 

こちらは「Volansi」が53億円(約5000万ドル)の資金調達をした、という記事です。
この記事からM20の存在を知ったのですが、、、笑

 

わたしは投資家でも専門家でもないので53億円が投資的に高いか低いか分かりません(笑)が、記事に取り上げられるくらいなので、よっぽどのことなのでしょう。
分かることとしては、まさに世の中の投資家がドローンに注目している証拠ということと、更なる高性能ドローンが開発されることですね♪

 

長距離に特化するのであれば、1000km飛行も近い将来実現しそうですね。
長距離飛行における壁や、技術の進歩に伴う法律やルールの変化も以前紹介させていただきましたが、やはりこれから数年での変化が楽しみです。

 

刻一刻と変化しているドローンについて、これからも最新情報をキャッチしてみなさんにお届けして参ります!

ピックアップ記事

関連記事一覧