ドローンは登録制に!?航空法改正案についての最新情報です☆

ドローンニュース

ドローンが登録制になること、ご存知でしょうか?

今回は、そんな航空法改正案や登録制についての最新情報をお伝えして行こうと思います!!
今後、どんな仕組みや順序、ルールでドローンは登録されていくのか?
興味ある方はぜひこちらの記事をご覧くださいね♪♪

 

(2020年6月19日 追記)

6月17日に参院本会議にて
ドローン所有者登録を義務化する航空法改正案
が可決成立されました!

改正案が決定されたのが今年2月末のことですから、およそ4ヶ月でさらにステップを進めたということになります。
国土交通省では2022年始めまでに登録制度を導入するという方針を考えているそうです。

現時点でのポイントをまとめておきますね!

・200g以上のドローンが対象となる
・氏名、住所、機体の種類(型式)を登録する
・インターネットで登録が可能
・登録の申請先は国土交通省となる
・申請すると個別登録記号(ID)の通知を受ける

 

(2020年3月3日の記事です)

以前の記事で、
「車を登録して、ナンバープレートを取り付けるのと同じように、200g以上のドローンに機体登録制度が導入されるかも」
という話題を紹介しました。
去年の12月の記事ですから、ご覧になった方も多いかもしれませんね!(だと嬉しい♪)

それから2,3ヶ月、ついに具体的な航空法改正案が決定したとのニュースが入ってきましたよ!

ドローン商用化へ登録制導入 航空法改正案を閣議決定

 

記事のポイントを分かりやすくまとめてみました

1.所有者や使用者、機体の製造番号、電話番号などをオンラインで登録する
2.登録することで得られた識別番号(ID)は無線を通じてドローンから発信する
3.国会で成立すれば、2022年にも施行する
4.新しいドローンを購入したら登録が必要となる
5.未登録で飛行させた場合は罰金が発生する
6.ただし、既に流通している数十万以上のドローンは2021年に登録の必要となるかも
7.ナンバープレートのようなIDを機体に貼り付ける
8.200g未満の機体は対象外

今回のこの記事によって「安全なドローン」のイメージがいち早く広まることが期待されています。
そういえば以前、ドローンにこういった番号を付けることを例えて、
「車でいうナンバープレートのようなもの」
と私は書きましたが、それと同時に
「けどドローンは空を飛ぶから、ナンバープレートだと見えなくなるよね…」
って思っていました(笑)

けど、ドローンが発する無線の情報にIDが含まれるわけですね~なるほどです!
どんどん話が進展しているのでやはりこの方向性でドローン登録制が実現しそうですね。
今のルールだと200g未満は対象外になるわけですが、今後ますます機体の性能が良くなって
より小型にコンパクトに、そして軽い機体が生まれてくることを考えると
200g未満の機体もいずれ登録の必要が出てくるとは思いますね~。
みなさんこのニュース、どのように感じましたでしょうか?

こういったドローン業界の最新ニュース、他にもどんどん紹介してゆきますね!

 

—————————————–
▶他の記事を読むなら「トピックス」
▶機体の一覧を見たいなら「ドローン博物館」

ピックアップ記事

関連記事一覧