• HOME
  • コラム
  • ドローンで今までにない思い出作りを!撮影におすすめの機体も紹介!

ドローンで今までにない思い出作りを!撮影におすすめの機体も紹介!

コラム

もうすぐ卒業シーズン。2021年は引き続き、旅行に行ったり屋内で集まることは厳しいかもしれません。そんな時でも大切な思い出を残したい。そこでおすすめなのが、ドローンを使った撮影や操縦体験です。ドローンなら広い場所で密になることなく、特別な思い出作りができます。

 

 

 

卒業や成人、結婚、家の新築など、特別な思い出を残しておきたい場面はたくさんありますよね。
三密を避けながら一生の思い出作りをしたい。
そんな方は、ドローンを使って操縦体験や撮影をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

ドローンで実現する、特別な思い出作り

ドローンならではの空撮を楽しもう

みなさんはドローンの空撮映像を見たことはありますか?
最近では、CMやMVでもドローンを使っての撮影が増えてきています。
意識して映像を見てみると、普段よく見ているCMやMV、テレビ番組の映像も、ドローンで撮影しているものがよく見受けられます。

例えば、バラエティ番組の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」では、
ライセンス藤原さんがドローンを使ってワンカットでMV撮影する企画があり、
これまでとは違ったカメラの動きや、新たな視点での空撮映像が、多くの話題を集めました。

ドローンは様々な楽しみ方がありますが、
ドローンを使って特別な映像を撮影することで、新たな思い出作りができるのではないでしょうか。

上空からの人文字撮影もできちゃう!

では、ドローンを使ってどんな映像が撮影できるのか気になりますよね。
ドローンジョプラスでも空撮ツアーを通して、
様々な空撮をしてきたので紹介していきます。

この写真は、淡路島の空撮ツアーで撮影したものになります。
みんなでハート型を作って、上からドローンで撮影しています。
1人がドローンを操縦している姿もあり、みんなで作り上げている1枚で素敵ですよね。

また、人文字の撮影もしました。

人や物を使って「ドローンジョプラス」と表現しています。
このような撮影が簡単にできるのもドローンならではの1枚になります。
ドローンジョプラスのメンバーの楽しそうな姿が、写真でも伝わってきます。
みなさんもドローンを使って思い出の1枚はいかがでしょうか?

一緒に操縦する体験そのものが思い出になる!

練習すれば誰でもドローンを飛ばすことが可能であり、特に免許も必要ありません。
しかし、ドローンを飛ばす際には法律を理解する必要があり、場所によっては申請が必要なケースもあるので注意しましょう。

ドローンに関する法律についてもまとめたので気になる方はこちら

ドローン申請に関する内容はこちら

 

「ドローンを飛ばしてみたい!」
「ドローンで思い出の1枚を撮影したいけどどうしたらいいかわからない」
そんな方に朗報です。
ドローンジョプラスでは、初心者向けに東京・大阪で月に2〜3回ドローン勉強会を開催しています。
法律に関する座学も一緒に勉強し、ドローンジョプラスのメンバーが操縦のコツをアドバイスしながら、
ドローンを実際に操縦することができるので、安心して楽しむことができます。

 

 

撮影におすすめの機体3選

コンパクトでパワフル「Mavic Air 2」(DJI社)

https://www.dji.com/jp/mavic-air-2

    • 本体を折りたたむとスマホサイズでコンパクト
    • 重量は570g
    • 最大飛行時間は34分
    • 3軸ジンバル&4Kカメラによって安定した撮影と4K動画が可能
    • 静止画48メガピクセルの性能を活かした高画質
    • 高度操縦支援システム(APAS)で障害物回避

コンパクトな折りたたみ式の機体になっています。
機能もハイスペックであり、高画質な撮影も可能になります。
空撮に必要な機能も全て搭載されており、空撮の美しさや飛行性能も抜群です。
初心者でも安全にドローン飛行ができるためおすすめです。

プロカメラマン顔負け「Mavic2 Pro」(DJI社)

https://www.dji.com/jp/mavic-2

    • Hasselblad L1D-20c カメラで超高画質の映像撮影が可能
    • 全方向障害物検知を搭載
    • 重量は907g
    • 最大飛行可能時間は31分
    • ハイパープラス機能で映像の自動処理が可能
    • 独自技術で伝送性能を向上
    • スフィア/180°/水平方向/垂直方向の4種類のパノラマモード対応

全方位センサーによる安全性向上もあり、安定の飛行と共に、プロのカメラマンが撮影した様な空撮映像を取ることができます。
多彩な機能が搭載されており、初心者でも超高画質映像が撮影できます。
もし空撮で望遠やズーム機能を重視するなら、見た目もほとんど一緒の「Mavic2 Zoom」もあります。
ズーム機能を優先する場合はこちらがおすすめですので、用途に合わせて検討してみてください。

初心者に優しいトイドローン「Tello」

https://www.ryzerobotics.com/jp/tello

  • DJI社とRyze Technology社との共同開発したドローン
  • 重量は80g
  • 最大飛行可能時間は13分
  • 手ぶれ補正機能あり
  • プログラミング対応
  • スマホの専用アプリで簡単に操作が可能
  • Intel社製の高品質プロセッサーを搭載

100g未満のトイドローンで「航空法対象外」になります。
場所を選ばず飛ばせることができるので、初心者にもおすすめです。
※航空法でOKだとしても、その場所や施設の許可は得て飛ばしていきましょう。
スマホでも簡単に操作することができ、プログラミングも対応しているため、自動飛行も可能になっています。

 

 

まとめ

これから卒業シーズンでもあり、いろいろ計画をしている人もいると思います。
まだまだ、旅行や大人数での集まりは厳しいかもしれません。
そんな時でも「大切な思い出を残したい」と思っている方は多いのではないでしょうか。
今回ご紹介したように、ドローンを使って特別な映像を残したり、思い出に残る作品をみんなで作るのも、楽しい時間が過ごせると思います。

ドローンを飛ばすことに不安がある場合は、ドローンジョプラスにて勉強会もやっておりサポートさせていただきます。
ぜひ、ドローンを使って素敵な思い出作りはいかがでしょうか。

https://drone-girls.com/event/study/

ピックアップ記事

関連記事一覧