• HOME
  • コラム
  • ドローンで織姫と彦星が再会!世界のドローンライトショーがすごい

ドローンで織姫と彦星が再会!世界のドローンライトショーがすごい

コラム

7月といえばもうすぐ七夕ですが、何の日か知っていますか?
中国の七夕伝説に登場する夫婦の織姫と彦星が、1年のうちに1度だけ会うことが許されたという話です。
夜になるとみんなで夜空を見上げて、物語を想像しますよね。
中国では、七夕にドローンライトショーが開催され織姫と彦星が映し出されていました。
そんなドローンライトショーについてもお話していきます。

 

織姫と彦星は仕事をしなくなったため離れ離れに

織姫と彦星の七夕伝説は中国の物語

七夕伝説は中国の「織女(しょくじょ)牽牛(けんぎゅう)伝説」や「乞巧奠(きこうでん)」の行事に由来すると言われています。

天空で一番偉い神様である天帝は、娘の織女が毎日休みなく神様の着物を織る姿を心配し、天の川の対岸で牛飼いをしている真面目な青年(牽牛)との縁談を持ちかけました。
めでたく二人は結婚し楽しく暮らすようになりましたが、毎日遊んでばかりで仕事をしなくなり、神様の着物はボロボロになり牛も病気になってしまいます。
それを見ていた天帝は、二人に仕事をするように注意をしましたが、態度が変わらなかったため、二人が毎日真面目に働くことを約束として、1年に1度だけ会うことを許したという話になります。

これが現在の七夕伝説である織姫(織女)と彦星(牽牛)の話の由来となっています。

乞巧奠は、7月7日の夜、機織や裁縫が上達するように祭壇に針や糸などを供えて、星に願いをかけるという行事です。
これが日本では短冊に願いごとをかけて笹に飾る風習につながっていると言われています。

国によって七夕の過ごし方が違う

物心ついた時から、七夕は短冊に願いを書いて、笹の葉に飾るものだと思っていましたが、七夕の行事は各国で行われており、国によって過ごし方が異なります。

日本では短冊に願いを書いて笹の葉に飾るのが一般的ですが、なぜ笹に願い事を飾るのでしょうか。
いろんな仮説がありますが、笹は真っ直ぐに育ち成長が早いため、生命力があります。
また、殺菌力もあり魔除けとしても昔から使用され、神聖な力があるとされてきました。
七夕はもともと宮中行事でしたが、江戸時代に庶民にも親しまれるお祭りになり、その頃に笹飾りや短冊を飾る風習ができたとされています。

ブラジルは日系移民が多くいるため、日本の風習が残っています。
ブラジルのサンパウロでは、「スターフェスティバル」として七夕祭りが開催され、笹に願い事が書かれた短冊が飾られて街中が色鮮やかです。

中国では「中国版バレンタインデー」として、男性から女性に花束を渡すなどプレゼントをするようです。

韓国では七夕に降る雨が織姫と彦星が再会できた嬉し涙として考えられており、雨が降るように願います。
また、イチョウの木は雄木と雌木が離れていても実をつけることから、イチョウの実をプレゼントするようになっているようです。

日本とはまた違った七夕の過ごし方があって面白いですね。

 

世界のドローンライトショーに注目

七夕にドローン777機でライトショー開催


出典:http://jp.xinhuanet.com/2018-08/18/c_137399545_2.htm

2018年に中国で行われた七夕イベントでは、ドローン777機を使用したドローンライトショーが行われました。


出典:http://jp.xinhuanet.com/2018-08/18/c_137399545_2.htm

夜空を777機のドローンが様々な形に変化し、見る人を楽しませています。
これはドローンの動きをプログラミングで設定し、空中で様々な模様を描くようになっています。
七夕イベントの写真でも織姫と彦星を綺麗に見ることができますね。

ドローンライトショーは花火とは違い、人の形もしっかり表現することができます。
また、世界には花火大会を法律で禁止している国もあるので、ドローンライトショーは世界中でも注目されています。

約3000台のドローンライトショーでギネス記録

2018年の平昌オリンピックでも、閉会式にドローンライトショーで素敵なパフォーマンスを世界に見せてくれました。

また、昨年の2020年9月に、3051台のドローンを使ったライトショーのギネス記録で話題となりました。

さらに、2021年4月に韓国の自動車メーカー「Genesis」が、過去世界最多となる3281台のドローンを使ってドローンライトショーを開催しギネス記録更新となりました。

この短い期間でギネス記録もどんどん更新され、今後のドローンの進化に期待です。

さいごに


織姫と彦星の七夕伝説を思い出しながら、みんなで七夕の夜空を眺めてみてるのはいかがでしょうか?
今後、日本でもドローンライトショーによるイベントが増えてくることでしょう。
これからのドローンの活躍に期待です。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧