「蛾」と「ドローン」のサイボーク!!?その能力とは!!

ドローンニュース

サイボーグというとなにを想像しますか?

私は、アニメや映画でよくでてくるような
人型の強いキャラクターを想像しちゃいます。

鋼の錬金術師みたいな!

そもそもサイボーグとは、どういう意味なんでしょう。改造人間?

サイボーグ(cyborg)とは、サイバネティック・オーガニズム(cybernetic organism, cyb. + org. = cyborg)のそれぞれの省略形による合成語である。

引用:https://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/091026cyborg.html

つまり、人間だけじゃないんですね。

なるほど、
ロボット×生き物で考えると
考え方が広がります。

例えば、
以前鳥のドローンを紹介しましたが、
これが本物の鳥の羽だったら
サイボーグになるわけです!

 

蛾のサイボーグ!!!

サイボーグがドローンでも作れるのか。
ワシントン大学によってその実践がなされました。

その名も「スメリコプター

なんと蛾のサイボーグのドローンなんです。

ちょっとぱっとしない名前かもしれませんが、
実は、特殊な力を持ったドローンです!

開発者の面々は、
「スメリコプター」とよばれる
小型のドローンについて、
とある能力の高さを語っています。

そのとある能力とは??

匂いを追跡するドローン!!

画像:タバコスズメガ(苦手な方もいるかと思いスケッチです 汗)

”タバコスズメガ”という蛾は、
とても匂いに敏感であることが知られています。

その能力は、触角によるもの。

彼らは、タバコスズメガの触角を切り落とし、
ドローンに電極で接続することで、
触角が匂いの化学物質と接触した際に
発する電気信号を測定することに成功しました。

その結果、
ドローンは100%設定した匂いの地点に自動で向かう
ことに成功したそうです!

そのドローンの画像がこちら↓↓

課題はあれど、可能性はすばらしい!

課題は持続時間。
蛾の触角がつかえるのは平均2時間程度だそうで、
ドローンの充電は更に短いのが現状。
これからの課題だそうです。

とはいえ、蛾の触角のすごいところは、
1兆分の1レベルという微小な匂いも感知できる能力の高さ。

さらに、
フェロモンや花の匂いを感知する蛾の触角を、
化学物質の感知に利用できれば
その可能性は無限大。

遺伝子レベルで感知する匂いの種類を
変えるのは大変そうですが、

もしできるのであれば、
危険物の感知などの利用も考えられます。

こうして、
サイボーグが身近に開発されている
ことがなんだか不思議です!

サイボーグが
身近になるときもそう遠くはないのかもしれません。

ピックアップ記事

関連記事一覧