世界シェアを変えてゆく可能性!国産ドローン開発に関する最新ニュースを紹介します☆

ドローンニュース

最近は日本国内におけるドローンの話題が盛り上がってきている気がしますね!
世界規模で考えるとまだまだ中国メーカーや、その中でも「DJI」が大きなシェアを持っており
『世界にアピールして、ドローンの普及に大きく貢献する中国』
という印象が強いですが、農業用ドローンをはじめとして日本国内メーカーもなかなか負けていませんよ!
…競ってはいないかもしれませんが(笑)

中国と日本のドローン事情の比較についてや
また別の視点から見た「中国とのコラボレーション」などについては
以前の記事もぜひ参照ください

また、こちらは日本が世界に誇る!産業用ドローンのメーカーである「プロドローン」と「エンルート」についての記事です。

 

さて、今回新しく入ってきたニュースは
「安全安心なドローン基盤技術開発」プロジェクト
がスタートしたというものです!
詳細について調べてみました☆

通称「NEDO」と呼ばれる新エネルギー・産業技術総合開発機構は下記企業や団体の力を借りて
国内ドローンメーカーを盛り上げる活動をスタートさせました。

・自律制御システム研究所(ACSL)
・ヤマハ発動機
・NTTドコモ
・ACSL
・ヤマハ発動機
・ザクティ
・先端力学シミュレーション研究所

日本のドローン産業の競争力を強化することにより、災害対応、インフラの点検、監視・捜索などに役立つドローンを開発することを目標にしているそうです。
もちろん、特に重要視する部分は「安全性や信頼性」!

これまでにも当然災害対応などでドローンが使われる案件は多数存在しましたが
使用するドローンの開発から国内で行おうという発想になるわけですね♪

ほんの16億円で巨人DJIに挑む、政府の国産ドローン計画が始動

NEDO:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

充てられた予算は16億円!
規模が大きすぎてよく分かりませんが、大きなお金が動いていることは間違いありません(笑)
現在は世界中のドローンのシェアのうち7割が中国製だと言われていますが
2021年からは国内ドローンの普及率を高めていくという計画になっています。
来年の話なので、一気に変化が起きるかもしれませんね!!

国内ドローンが普及するとなると、ドローンを用いたサービスも展開しやすくなり
より賑やかなことになるのではないでしょうか♪

前半に紹介したプロドローンやエンルートの例に限らず
純国産のレスキュードローン「TSV-RQ1」など、国内のニュースが豊富で
一気に爆発する可能性を感じますね!

今後もこのサイトでは、世界のニュースだけではなく
日本国内のドローン最新情報をお伝えしてゆきます☆
ではまた!

ピックアップ記事

関連記事一覧