DJI Mini2がついにリリース!!DJIから待望の新商品が発表されました

ドローンニュース

ドローンファンのみなさまに待望の情報です!
なんとDJI Mini2がリリースされました!!
DJI Mini2 – 飛び出そう、ワクワクする世界へ

一体どんな機能でどんなスペックなのでしょうか?
Mavic Miniとの比較と共に、特にDJI Mini2の魅力的な点を今回ご紹介いたします。

 

Mavic Miniの後継機

そもそも今回リリースされたDJI社のMini2は、Mavic Miniの後継機です。
Mavic Miniの最大の特徴と言えばこちらにまとめている通り、航空法の制限を受けない200g未満の機体ではないでしょうか。

Mavic mini(マビック ミニ)

トイドローンよりも本格的で、かつ軽量・初心者にも扱いやすい機体となっています。
当時Mavic Miniがリリースされたときは、お手軽すぎる使いやすさからドローン業界に衝撃が走りました。。。

今回のDJI Mini2は、そんなMavic Miniの後継機なのでさぞかし期待が高まっているのではないでしょうか??
さっそく機能・スペック面での比較をしていきます!

 

DJI Mini2とMavic Miniとの違い

細かい仕様面ではいくつもあるのですが、特に違いのある魅力的な仕様をご紹介します。

解像度

やはり最も魅力的な変化と言えば、解像度が4Kになったことですね!
解像度が4Kになることで高画質な撮影ができることはもちろん、ズームによる画質劣化もある程度は抑えることが出来ます。
上位機体であるMavic 2 zoomと同じ解像度での撮影を実現可能としました。

 

速度

それぞれSモードでの速度はこちらのように機能アップしました。
最大上昇速度:4m/s→5m/s
最大加工速度:3m/s→3.5m/s
最大飛行速度:46.8m/h→57.6 km/h

速度が上がることによってよりダイナミックな映像を撮影することが出来たり、同じ飛行時間でもより広範囲の映像を撮影することが出来るようになります。
しかし速度が上がるにつれて気になるのは映像のブレ、つまり風の影響をどこまで受けるかですよね。
なんとその点に関してはも機能アップしているので、安心して使用できます♪

 

風圧抵抗

最大風圧抵抗が、28.8 km/h から 29~38km/hまで耐えることが出来るようになりました!
つまり速度が上がっても安定的に飛行することが出来ますし、上位機体のMavic 2 zoomと同じ機能となり映像レベルはほぼ同等と言っても良いのではないでしょうか??

わたしは初め、コンパクトながら安定飛行が出来るのはやはり重いからなのでは?と思いました。
いやいや、そもそもこのMini2は200g未満ということをウリとしているんですよね!笑
これだけでも非常に魅力的な性能だと思います。

 

まとめ

Miniの後続機だからこそ、魅力的な機能ばかりですね♪
ドローンの使い方によって購入の検討をしてはいかがでしょうか??
わたしも早く使ってみたいです!!

11月5日時点での価格は、DJI Mini2本体は59,400円(税込)です。
2020年11月5日から予約開始、12日より発売されます。

ドローン博物館にも掲載しておりますので、ぜひご一読ください♪

ピックアップ記事

関連記事一覧