ドローンの規制強化。規制対象の重量が200g→100gへ

ドローンニュース

ドローンを扱う際には、法律やルールを守る必要があるのはご存じかと思います。

過去にもドローンに関する記事を紹介してきました。

こういった法律やルールがあるからこそ、安全にドローンを飛ばすことができるんですよね。

しかし今回、国土交通省がドローンの規制対象となる機体重量値を変更する検討をしているとのことなのでご紹介いたします。
国交省、ドローンの規制強化を検討 基準値を200g→100gに引き下げ

法律の対象とは?

ドローンに対する法律やルールは、現在は200g以上の重量を持つ機体が対象でした。
しかし200g未満の機体は対象外かと言うとそうではなく、厳密に言えば「改正航空法」が対象外ということです。

こちらの記事でも紹介しています。

200g未満の機体は、トイドローンといった気軽に扱える小型のドローンが代表的なものですね。
そのため世のドローンメーカーは、規制対象外になるよう軽量ドローンを販売している企業も多いのです。

それでは一体、今回の規制対象の重量が変更となる場合どういったことが起きるのでしょうか?

規制対象の重量が200g→100gへ

そもそも200g以上のドローンには、何をする必要があったのでしょうか?
それはドローンを飛ばす前に、事前の飛行許可や承認の取得が必要でした。

今回の規制対象の変更では、ドローンの機体ごとに所有者の氏名や住所、ドローンの種類や型式の申請が必要となるそうです。
こちらはネットでの事前申請が義務付けられるみたいですね。

この改正ではドローンの利用が制限されるかもしれませんが、先日紹介させて頂いた2022年のレベル4に向けた取り組みの一つなのではないかなと思っています。

不便だと感じることがあるかもしれませが、ドローン業界の成長には必要ですよね。
一部のメーカーには売上に影響があったり、多方面で賛否両論の意見は出るかもしれませが。。。笑

 

わたしたちが主催するイベントでも、この改正に則って内容を変えていくことも必要になるかと思います。
まだ検討段階とはいえ、今の内から準備は大事ですよね。
こういった変化に柔軟に対応していきながら、ドローンを好きになる人が増えたらいいなと思って活動して参ります!

ピックアップ記事

関連記事一覧