ドローンオペレーターになるには?!これから操縦士を目指す人へ!

資格・免許・規制など

ドローンを操縦する人である「ドローンオペレーター」。撮影のための飛行だけでなく、農薬散布や点検・測量などドローンが活躍する分野は年々拡がりを見せています。ドローンオペレーターになるにはまず何が必要なのか?そして操縦士として大切なことは?未来を担うドローンオペレーターについてまとめました!

 

 

 

 

ドローンを操縦する仕事がしたい!
ドローンの操縦士である「ドローンオペレーター」は、ドローンが活躍の場を拡げているのと同時にますます注目を集めている職業です。
ドローンオペレーターとはどのような職業なのか、何が必要なのか、そして大切なことは何かを見つめます。

 

 

ドローンオペレーターになるために資格は必要か

操縦自体に資格は必要無い!

ドローンを飛ばすだけなら義務付けられた資格や免許は特にありません。
ただし、ドローンを飛ばす上で、法律や条例に関わってくるため注意が必要になってきます。
ドローンはどこでも自由に飛ばしていいわけではなく、飛ばすには申請許可も必要になってくるので知識も必要になります。
また、人への危険性もあるので、マナーやルールを守り安全に使用していきましょう。

ドローンの資格は、民間の講習団体が資格管理を行い、ドローンスクールなどで講習が終了した時に資格や修了証がもらえるようになっています。
今後ドローンを使って仕事をしていくことを考えているのであれば、企業や団体からの仕事は有資格者である方に声がかかりやすいと思います。
仕事としてドローンを使用するのであれば、しっかりと知識や技術を身に付け、プロ意識で仕事をしていきましょう!

仕事として操縦するなら保有資格がポイント

仕事でドローンを使用するなら、資格を持っている方が腕前も証明され、仕事を受けるには有利になります。
ドローン操縦にあたり、どんな資格があるのか簡単に話していきます。

    • DJI CAMP  https://www.uastc.com/jp/
      ドローンメーカーDJIが管理するドローン技能認定資格。
      資格:DJIスペシャリスト、DJIインストラクター
    • DPA(一般社会法人ドローン操縦士協会) https://d-pa.or.jp/
      飛行技術に力を入れているのが特徴。水準の高い知識と技術を習得でき、価格も高い。
      資格:ドローン操縦士 回転翼3級、ドローンインストラクター 回天翼3級
    • JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会) https://uas-japan.org/
      ドローンの操縦や安全運行管理、インストラクター業務についての知識を証明できる。
      資格:操縦技能証明、安全運行管理者、インストラクター
    • ドローン検定(無人航空従事者試験) https://drone-kentei.com/
      座学のみの資格。難易度順に4級〜1級まである。
      資格:4級、3級、2級、1級

 

 

ドローンオペレーターに必要なこととは

スクールや講習で経験を積む

先ほどお話したように様々な民間団体が、ドローン操縦に関する資格を認定していることが分かったと思います。
国土交通省のサイトからも確認できます。
気になる方はこちら→https://www.mlit.go.jp/common/001208252.pdf

ドローンの資格を取って終わりではありません。
資格を取ってドローンの操縦を継続しなければ、車と一緒でペーパードライバーみたいなものです。

しかし、飛ばす場所がなかったり、1人だとわからないことも出てくると思います。

ドローンジョプラスでは東京・大阪で月に2〜3回初心者向けに勉強会を開催しています。
座学で知識も身に付き、実際にドローンの操縦もメンバーがサポートしてくれるので安心してドローンを飛ばすことができます。
ドローンジョプラスは女性限定の勉強会で女性に必見です。
他にも、男性も参加できて、ドローン好きが集まってドローンに触れることができるイベントも月に2回開催しています。
経験豊富なメンバーと一緒にドローンを飛ばしてみませんか?
詳しくはドローンジョプラスのサイトで確認してください!
https://drone-girls.com/

農薬散布や点検・測量分に特化する道も

近年、ドローンの進化により様々なところでドローンの活躍が期待されています。
イベントの空撮、映画やCMなどのメディア関係、測量、運搬、建設現場のサポート、農薬散布など、活躍の場も広がって大注目されています。
特に農業の分野ではドローンを利用することで、労働力の負担軽減、コストや時間の削減など、少子高齢化が進んでいる日本においてなくてはならない存在になっていくでしょう。
だからこそチャンスです。
まだ、オペレーターとしての求人は少ないですが、今後ドローンの進化に伴い増えてくる可能性が大いにあります。
ドローンは様々な分野で活躍を見せているため、専門的に特化して技術を磨いてみるのもいいでしょう。

クライアントの要望に沿うコミュニケーション

仕事としてドローンの操縦をするのであれば、クライアントが求めている仕事をする必要があります。
そのため、ドローンの技術を磨くことも必要ですが、ビジネスとしてのスキルやコミュニケーション能力も重要になってきます。
相手の要望を正確に汲み取る能力や、不可能な要求があった場合には、相手が気分を害さないように断ることも大切です。
あくまでも人対人の関わりであり、お互い気持ちよく仕事していくためにも、社会人としての基本的なマナーは守っていきましょう。

 

 

まとめ

ドローンの進化と共に様々な分野での活躍が期待されています。
その中で重要となってくるのが操作する人になります。
ドローンを飛ばすだけなら誰でもできますが、仕事として専門分野で活躍する人がこれから必要となってくると思います。
ドローンを利用していく上で、法律や条例の知識や、人への危険性もあることも認識し、資格や心構えをもって取り組んでいきましょう!

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧