飛行時間の問題を解決するドローン登場?!脅威の4.5時間飛行!

ドローン豆知識

こんにちは!
ドローン大好き、ガジェット大好き、面白いことだーいすき( ๑❛ᴗ❛๑)۶
マコですっ♪

皆さん、なんと4時間34分ものロングな飛行時間に成功したドローンを知っていますか~?(`・ω・´)/

今日は、そんなドローンの飛行時間についてお伝えするよ~\(^o^)/
気になる方はぜひこちらの記事をご覧くださいね♪♪

 

ドローンが世に出てきてから、
すっとドローンの課題だった、連続飛行時間の短さを、見事に克服!!

作ったのは、カルフォルニアのベンチャー企業“Skyfront社”。
※CEOはイケメン

さすがカリフォルニアだよねっ!
マコの中でカリフォルニアっていったら、

“なんかオシャレ”

“ITすごい”

“AppleとかGoogleとか”

“カリフォルニアロール”

のイメージ(●´∀`)ゞ

まさにイノベーションだねっ!!

 

どういう仕組みで飛んでるかっていうと、
ガソリンを積んで、ドローン内で発電して、動力にする(*`゜w゜´*)

なんかすごくない!?

ガソリンを動力にするわけじゃないんだ!!

ドローン内で発電しちゃうんだ!!

なんか凄い!

天才っぽい!

CEOイケメン!!

この機種、数週間後には、5時間以上飛ばせるものも実現するんじゃないかって
期待されているらしいヽ(*´∇`)ノ

これ実用化されたら、一気にドローンの活用法が広がるね♪

ますますドローンから目が離せなくなっちゃう(o´艸`)

2018年には本格的な生産も開始!!
今後のSkyfront社(のイケメンCEO)の動向は、

要チェックやο(´˘`)ο

 

気になる動画はこちら♪
残念ながら、イケメンCEOは出てきません。

ピックアップ記事

関連記事一覧