• HOME
  • コラム
  • ドローン初心者が2日でドローン操縦資格者に!「ドローンキャンプ土佐の空」の魅力とは

ドローン初心者が2日でドローン操縦資格者に!「ドローンキャンプ土佐の空」の魅力とは

コラム

最近、ニュースなどで取り上げられる機会が多くなってきたドローン。
大手トレンド調査会社で実施されたドローン活用に関するアンケート結果からも「空撮」以外にも「農薬散布」、「災害調査・創作」、「地形調査」などに活用されていることが知られてきています。
一方で、「ドローンの資格」に対する認知度や興味は30%前後とまだまだ発展途上です。

この「ドローン資格取得」を「初心者でも短期間で集中的に実践的なトレーニングで取得できるように」と2014年から取り組んでいるのが「ドローンキャンプ 土佐の空」です。
今回は、「ドローンキャンプ土佐の空」のコンセプトや魅力、運営会社である株式会社メルタ様のドローンキャンプへの取り組みなどをご紹介いたします。

『ドローンキャンプ土佐』に込められたお客様目線での心づかい

「ドローンキャンプ土佐の空」は、運営会社の株式会社 メルタ 代表取締役 濱中拓郎氏が高知県出身であり、地元を盛り上げていきたいという想いと会社のビジョンである「異なる領域の境界を溶かし、既成観念を取り払い、混ぜ合わせる力。」を実現するため、2014年に創立されました。

ドローンスクール自体は、基本的には土日のカレンダーで休日となっている曜日に開校しています。
高知県大豊町という立地を活かし、高知県名物の「カツオのタタキ」をはじめとした、山の幸や海の幸を味わえるような食事プランと豊かな自然の中でのプログラムを通して実践的なドローン技術を取得できるよう、様々な工夫が凝らされています。

また、合宿地から最寄りの駅や宿泊場所からの送迎、宿泊ホテルでの座学研修やグループディスカッションなど、受講者がドローン技術の習得に集中できるようなサポートも充実しています。

様々な要望に応える工夫されたプログラム

「ドローンキャンプ土佐の空」はJUIDA認定ドローンスクールとして運営されており、
 ①JUIDA『操縦技能証明書』取得プログラム
 ②JUIDA『操縦技能証明書』取得プログラム+安全運航管理者コース
の2種類から受講コースを選ぶことができます。

機械が苦手な方やドローン初心者の方でも、ドローン操縦技術を短期間で習得できるよう、1泊2日の合宿形式になっているのが魅力のひとつです。

また、「国土交通省航空局への飛行申請に対応しているJUIDA『操縦技能証明書』」を合宿で取得できることから、ドローンビジネスの現場でもドローン操縦者として有用な資格を取得できるのも大きな特長です。

基本的な操作(機体の離着陸や移動など)からスタートし、屋外での長距離飛行、空撮に必要なスキルの習得などだんだんと実践的なトレーニングへ移行していくことで、ドローンの様々な機能を活用できるような下地をつくれるようにプログラムが組まれています。

また、どのような天候にも対応できるように屋内施設も完備しており、屋内外を自由に使って様々なケースに対応できるような飛行訓練を受講することができます。

受講者の目線に立って「楽しくドローン操縦技術を学ぶ」ための工夫

「ドローンキャンプ土佐の空」では、受講者の目線に立って「受講された方が楽しく飛行技術を習得できる」ような学習プログラムが組まれており、講師の方やスタッフの方々が「どうやったら楽しく学べるか」を創意工夫されています。

プログラムも「短い期間に必要なことを学べるよう」になっており、
 ・屋内外両方での飛行練習
 ・目視外飛行
 ・室内での模擬夜間飛行
 ・受講者ひとりひとりのレベルに合わせた座学
など、様々な状況や受講者の方のニーズに合わせた内容となっています。

また、合宿の最後には試験を行いますが、『操縦技能証明書』が取れるようにスタッフや講師の方が手厚いサポートがあり、安心して取り組める環境を準備してくださっています。

「ひとりひとりに合わせたドローン活用方法をご提案」できるように細部まで行き届いたカリキュラムに、中国地方や関西圏から老若男女問わず多くの方より申し込みがあるとのことです。

まとめ

今回は「ドローンキャンプ土佐の空」について、紹介させていただきました。

合宿期間中の手厚いサポートももちろんのことながら、卒業後にも
 ・機体購入割引
 ・保険・飛行申請サポート
 ・SNSコミュニティへの招待
と、取得した『操縦技能証明書』を活用してドローンを操縦していきやすいようにアフターサポートも充実しています。

「お客様の立場」に立って、何を提供したらよいかを常に考えて、実践してドローン業界をけん引されている「ドローンキャンプ土佐の空」と運営会社 株式会社メルタ様の姿勢に感銘を受けました。

同じドローン業界に身を置く私たちも「女性ならではの新たな取り組みや情報発信ができるチーム」として、これまでにドローン業界をけん引されてきた先輩方に恥じぬよう、より一層精進してまいります。

今後もドローンジョプラスでは、ドローンスクールやドローンの最新情報などを発信してまいります。

ドローンのことで、知りたいこと・実現したいことなどがあれば、ぜひドローンジョプラスにお問い合わせください!

☆ドローンジョプラスへのお仕事の依頼はこちらまで☆

ピックアップ記事

関連記事一覧

Translate »