【ドローン基礎知識】操縦方法モード1、モード2どちらを選ぶ?

ドローンの飛ばし方(遊び方)

ドローンの操縦方法には、2種類あることをご存知ですか?
モード1とモード2に分かれるんです。

どちらもメリット、デメリットがあるのでしっかり理解しておくことをおすすめします。
気になる方は是非、こちらの記事をご覧ください。

 

ドローン基礎知識編
今回のテーマはモード1モード2?」です☆

機体について知りたい人は、「ドローン博物館」もチェック♪

ドローン基礎知識編 シリーズとは??

「これからドローンをはじめて飛ばしてみたい!」
という方が、まず初めに知っておくべきことを分かりやすくまとめてゆくシリーズです。

今回は、ドローンを操る操縦機
通称、「プロポ」に関するお話をしましょう♪

このプロポの操縦方法なんですが、2種類存在するんですね。

この操縦方法、まったく違います!
たいていの場合、どちらかの操縦に慣れてゆくかと思いますので

「私はどちらでも操縦できますよ」

なんて人がいたら

「すごーい!」

と思いましょう(ほんとに、すごいと思います)

さて、ではモードの説明です
●モード1

●モード2

ええと…上が前で…右の下が下降…なんて、こんがらかってきますね
そこは、慣れです(笑)

コツは、
「まずは上昇・下降だけ覚える」

そして次に、
ホバリング(空中で静止)できるように前後左右を覚える」
最後に、
「右回り・左回りを覚える」
ですね。
私はこの順序で練習しました~☆

そもそも…のお話ですが
なぜ操縦方法が2種類あるのかというと、
もともと日本ではラジコンヘリの操縦がモード1で普及していたからなんですね。
後からドローンモード2として使われだしたのです。

なので、
「日本で、先生から教わって学んでゆきたいならモード1
と言われています。
空撮でこの道15年!なんて先生は、モード1の方が多いです。
そして、モード1のほうが空撮に適した動きをさせやすいという面もあるようです。

ただし、
「今後のドローンの普及を考えると、モード2に慣れておいたほうが絶対良い!」
という意見もあります。
直感的に理解しやすいのはこちらの操縦方法かもしれません。

メリット・デメリットありますのでうまく選んで下さいね。
はじめは、両方を試してみることをオススメします。

慣れるまではパニクっちゃうこともあるかもしれませんが、
何かあれば「地面に下ろす」
これだけしっかり意識してけば大丈夫!

 

ドローンの世界をより楽しむためにも、まずは思い通りに操縦できることですね。
難しくない!練習あるのみっ!

ではまた!


話題の「ドローン」がちょっとだけ気になる!
「触ってみたい!」「仲間が欲しい!」
♀女性限定♀で楽しい操縦体験へご案内します♪

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
他の記事を読む>>トピックス
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

ピックアップ記事

関連記事一覧