キックインにドローン!?今シーズンのJリーグで新世代のセレモニー!!

ドローンニュース

3月28日のJリーグ戦。

秋田県秋田市のソユースタジアムにて
秋田ブラウンブリッツ 対 京都サンガF.C.
が行われました。

今回はサッカーの話ですが、
試合の内容ではありません。

そうキックインまでの話。

 

秋田ブラウンブリッツの前身である「TDKサッカー部」

TDKというのは
東京電機化学工業株式会社のこと。

TDKの会社を設立した実業家の斎藤憲三さんが
秋田出身であることに由来します。

TDKは、本社を東京に構え、
現在は10万人の社員を抱える大企業であり、
現在ではセンサ事業やバッテリー事業が主力となっています。

そんなTDKの力により、
キックインが斬新なものに!

 

なんとキックインはドローンでスタート?!

話は、もどり
3/28、秋田ブラウンブリッツのホーム戦。

開幕間際に、歓声が!

なんと上空から
サッカーボールを抱えたドローンが登場!!

これは意外な展開!
なぜドローンかって?

じつは、このドローンは
TDK製のバッテリーを搭載しているものだったんです。

上空からピッチにボールが落とされる。

斬新なキックインセレモニー
会場は湧き上がりました。

きっと、
秋田ブラウンブリッツファンにはたまらない。
ホームのグラウンドで、
前身となった会社の製品が
会場を盛り上げる。

粋なキックオフです。

キックしてないんで正確には
ドローンイン??

意外なドローンの使い方で
盛り上がるっているのを見ると、
ドローンジョプラスとしても
ちょっと嬉しかったりします。

これからも
ドローンの活躍をピックアップしていきます!

ピックアップ記事

関連記事一覧