建物はドローンで守る!無料診断サービス開始

ドローンニュース

最近は、赤外線カメラを搭載したドローンについていくつか記事を紹介させていただきました。


そもそも赤外線カメラとは、物体が持つ温度を可視化することができるカメラのことです。
一昔前は、携帯の赤外線通信などで連絡先を交換したものですね。。。

 

こういった様々な用途がある中、建物の損傷を診断するサービスが開始されたので紹介いたします。
業界初!無料による赤外線ドローンによる排水管の水漏れや外壁調査などの建物診断サービスを開始

建物の無料診断サービスとは

台風や大雨のあとは、自分が住んでいたり所有している建物に損傷がないか気になりますよね。
そういったホテルの経営者やマンション・商業施設のオーナー向けに本サービスを開始しました。
開始したのは建物調査や火災保険の申請コンサルティングで有名なCJトラスト株式会社です。
CJトラスト株式会社

具体的な対象者は、CJトラスト株式会社が提供する火災保険の申請コンサルティングサービスに申し込んだ方となります。
風災や震災による被害状況や、外壁や屋根の損傷状態などを赤外線ドローンで調査を行います。
こちらは実際に撮影した画像です。

PRTIMES[業界初!無料による赤外線ドローンによる排水管の水漏れや外壁調査などの建物診断サービスを開始]より

サービス導入の背景に感動

なぜこの無料サービスを導入しようと思ったのでしょうか?

ここ数年、地震や台風・豪雨といった自然災害が日本を猛威を振るっています。
さらにはコロナウイルスの影響により、ホテルの経営者やマンション・商業施設のオーナーにとって売上が上がりにくい状況です。
建物の外壁調査・保守メンテナンス自体も高額の支出でありながら、問題が見つかればさらに支出が増えます。
メンテナンスの必要性はありつつも、直接的な利益につながらないことを考えると予算を割きにくいですよね。

こういった状況だからこそ、無料サービスの提供は非常にありがたいですね。
ましてや火災保険を考えている方にとっては一石二鳥。
火災保険を考えている対象の方はぜひ検討してはいかがでしょうか?

 

赤外線カメラ搭載のドローン

今回CJトラスト株式会社が用いる機体は、MAVIC 2 ENTERPRISE DUALです。
mavic-2-enterprise

赤外線機能に加え、モジューラアクセサリーによるパワーアップもできる高性能ドローンです。
赤外線カメラの機能を使ったドローンは多くて、実は赤外線で遊べるトイドローンもあるんです♪

このほかにも、赤外線カメラを活用したドローンや事業・サービスがスタートしてくると思います。
いち早く皆さんに最新情報をお届けすべく、これからも発信していきます!

ピックアップ記事

関連記事一覧