伊豆半島の4市町とKanattaが協定締結!ドローンで人材育成を進める姿とは?

ドローンニュース

2021年3月25日(木)に、静岡県伊豆半島の4市町とドローン企業が協定締結を行いました。
なんとこの締結した企業の中には、我らがKanattaも含まれているのです!

こちらは静岡朝日テレビ様にて取り上げて頂いたニュースの様子です。

一体どんな協定なのでしょうか?
協定内容に加え、伊豆東海岸が目指すこれからの姿についてご紹介いたします。

 

ドローン企業と締結した協定とは?

世の中によくある企業提携とは、お互いにメリット・ねらいがあるものがほとんどです。
静岡県伊豆東海岸の4市町(伊東市、東伊豆町、河津調、下田市)と、東急株式会社や日立システムズ、そしてKanattaといったドローンに携わる企業が協定締結を行いました。

市町側のねらいは、人材育成と技術開発。

伊豆東海岸は自然が豊かだけでなく、ドローンを飛ばすことができるエリアが多いです。
そのためドローンを飛ばすことができる人材育成に加えて、自然を楽しみながら交流人口を増やすことも出来るのです!

企業側は実証実験を行なうことができるので、新たな技術開発の促進にもつながります。
Kanattaとしては、ドローンジョプラスメンバーのうめちゃんによるドローン体験会なども実施しています。

お互いにメリットづくしですね♪

 

ドローンの”使われ方”とは

ドローン1つ取っても、様々な”使われ方”があると思います。
趣味や仕事としてドローン自身を使うこともあれば、ドローンについて学ぶことで知識向上や人材育成にもなり得ることが出来ますね。
遠くない将来では、物資の運搬や人を乗せたりすることも出来てくるでしょう。

ドローンが秘めている可能性や出来ることを発信していくためにも、Kanatta・ドローンジョプラスも活動を更に加速させていきます!

最近ではヒルナンデスに出演させて頂きましたが、デジタルの発信だけでなくアナログのつながりも大事にしています。
関西・関東でアナログの勉強会もしておりますので、ぜひ興味のある方はご一報ください。

ピックアップ記事

関連記事一覧