AGRAS MG-1

DJI

スペック|概要

DJI Agras MG-1は、液体の農薬、肥料および除草剤の様々な散布を高精度に適正な割合でおこなうためのオクトコプターです。
折りたたみ式のMG-1は10kgの液体を搭載することが可能。
防水性、防塵性、耐食性に優れ、農業分野に技術革新をもたらします。
最新のDJI A3フライトコントローラーや飛行中の信頼性を高めるレーダー認識システムなど、DJIの最先端技術を搭載し、スマートかつ便利な農業ソリューションを提供。
噴霧システムと流量センサーにより、高精度な噴霧を実現。MGインテリジェント・オペレーション・プラニング・システム*
やDJI 農薬散布管理プラットフォーム*を使用することで、作業を計画したり、リアルタイムで飛行を管理するなど、機体ステータスを詳細に監視することができます。

■A3フライトコントローラー
A3フライトコントローラーを搭載したMG-1は、農業での利用に最適化したアルゴリズムにより、外部の振動で液体が揺れ動いた場合でも安定した飛行が可能です。A3は2つの気圧計と2つのコンパスを装備。冗長性を採用した設計なので、1つのセンサーに不具合が生じた場合でも、もう1つのセンサーがフライトを維持することで、安全性と信頼性を強化しています。

■レーダー認識機能
高精度な3つのミリ波レーダーが、噴霧タンク前後の傾斜部と下部に配置されています。レーダーが地形を認識することにより、機体は高度を確認することができます。3つのレーダーを搭載することで、より正確な高度情報を取得し、作物から一定の距離を保つことが可能です。

■作業効率を考えた送信機
送信機には、強い日光の下でも視認性が高く明るい5.5インチ/1080pのディスプレイを採用しています。また、自律散布システム*1が内蔵されており、作業効率を上げることができます。送信機のバッテリーは、最大5時間の稼働時間を実現し、屋外での長時間の作業を可能にします。(*1:農林水産航空協会の承認を取得してから導入する予定です)

■教育プログラム
農林水産航空協会の指針に基づき、マルチローターの操縦方法、農薬の取り扱い、そして安全対策マニュアルなどの内容をまとめたDJIオリジナルテキストよるオペレーター研修をご用意しています。販売代理店の認定教官による教育プログラムには、初心者向けの5日間コース、経験者向けの3日間コースがあります。

■保守サービス
MG-1の修理とメンテナンスは、農林水産航空協会から認定された販売代理店が運営する産業用マルチローター及び散布装置整備事業所で対応します。

■保険
MG-1には、初年度無償の対人最大1億円、対物最大5,000万円(農薬による被害を含む)の賠償責任保険を用意しています。また、機体保険も任意で加入可能です。

TOPへ