SONYがドローンスタートアップ企業を応援!その名も!~First flight~

ドローンニュース

大手の企業がドローン事業へ力を入れ始めている中、
SONYが新ブランド設立について、
前回記事に上げました。

自社だけでなく、
業界を盛り上げるパイオニアとなってきている
SONY。

そんなそSONYが掲げている
スタートアップを盛り上げるプロジェクト
Sony Startup Acceleration Program(SSAP)

その一環として、
SONYが運営するプラットフォームサイトで
ドローンベンチャー企業の法人パートナーの募集
が始まりました!

プラットフォーム:【First Flight】

SONYが運営するプラットフォームFirst Flight
そのテーマは

まだ世の中にない感動価値を提供したい
という計り知れない熱い想いを胸に、
無限の可能性に向け果敢に挑むチャレンジャーと
それに共感するサポーターたちが集い、
夢の実現に向けて共創するためのプラットフォームです。

引用:https://first-flight.sony.com/about-us

ベンチャー企業や新製品が揃う
プラットフォーム。

SONYブランドでスマートに仕上がった、
いわばクラウドファンディングサイトです。

今回注目したいのは、
国産ドローン「AEROBO(エアロボ)」
の製品が公開されたこと!

同社製品の法人パートーナーをみつけるべく
”空飛ぶロボットプロジェクト”
と第して募集が開始されました!

「AEROBO(エアロボ)」:ラインナップ!

エアロボから出ている機体は三種!
これら機種について、法人パートナーの募集が
かかっています。

・汎用型ドローン:AS-MC03-T
スクールや、点検作業、様々な用途を想定した汎用モデル!

・有線給電伝送ドローン:AS-MC03-W2
有線給電のため長時間、そして光ファイバーにより高画質の撮影が可能!

・全自動垂直離着陸型固定翼ドローン:AS-VT01
最高時速100km、最大飛行距離50kmの能力から手軽に広範囲の撮影・点検・調査が可能!

参考画像:エアロボウイング(AS-VT01)

ホームページでみると更にワクワクします♪

 

新規事業の素晴らしさ

まだ世間に知られていない製品が
そのファースト・フライト(新規性)を逆手に
価値付けして売出していく!

クラウドファンディングの価値は
非常に素晴らしいものだと思います。

大手が盛り上げるこの文化は素晴らしい。

ドローンの今後のラインナップにも期待です☆

ピックアップ記事

関連記事一覧