「DRONE-JO +」Blog

DJI 「Spark」「Mavic」「Phantom」を比較してみよう

2017年06月25日

先日、DJIから「Spark」が発売されたことで、
ますます話題が高まるドローンの世界!

新しい仲間が加わって賑やかになる反面
「どれが良いの?」
「やっぱり新しいほうを買うべき?」
と、感じる人も多いのでは??

そこで今回は、
SparkMavicPhantom
これらに登場頂き、違いを分かりやすくまとめていこうと思います!

Sparkのポイントは「軽さ」「操縦」「色」

まずは300gという重さが特徴!
200g以下ではないので、航空法については知っておく必要がありますが
500mlのペットボトル

よりも軽いって、すごいですねー!

次のポイントは操縦面

例えば、

 →被写体を捉えたまま斜め後ろに上昇したり
(いわゆる、引きの絵ってやつでしょうか?)

 →真上で旋回したり

などを簡単に行えるクイックショット機能が便利そうです。
映画のような撮影ができるかもしれませんよー!

それからもう一点!
Sparkはカラーバリエーションが多いことも嬉しいですね。
他のドローンはだいたい白か黒という印象なので…

かわいいドローンを持ちたい!
それなら断然Sparkだと思います!

もっとドローン業界もカラフルになっていくと良いなというDJIさんの願いが込められているのでしょうか(妄想です)

 

Mavicのポイントは「折りたたみ」

アームの部分を折りたたむことができるMavicは、
今回登場する3種類の中で、最もコンパクトに収納できるドローンになります。
重さはある程度(700gほど)あるのですが、機体を折りたたむことで83×83×198mmと500mlと
ペットボトルほどのサイズになります。
持ち運びに便利ですよね。

それに、1200万画素、4K動画撮影可能とカメラ機能も充実!
プロポも小型化されていて、女性のほうが扱いやすいかもしれませんね。

Phantomのポイントは「安定した空撮」

ドローンなんて、軽ければ軽いほうが良い?
いえいえ、そんなことはありません!
状況によっては、ある程度の重さが必要になることもあるのです。

それは例えば…風のある屋外です!
軽い機体だと強い風の影響をすぐに受けます。
もちろん安全面に問題は無いのですが、より安定して美しい空撮を行うためには
多少の風でもブレない安定したPhantom4の出番でしょう。

 

それぞれの特性を理解して選びましょう

違いについて、次のようにまとめてみました!

 

さぁ、まずはどれを使ってみますか?

 

 


各種コンテンツ

TOPへ