コラム ドローンって??

DJI、ソフトウェアの脆弱性に関する情報を募集中!なんと報奨金も!

2017年09月02日

今回のニュースは…

“DJI は、ソフトウェアの脆弱性を発見し、情報提供した方に報奨金を支払う
Bug Bounty プログラム
「The DJI Threat Identification Reward Program(脆弱性報奨プログラム)」
を開始”

というものです!

ユーザーの個人情報や写真、動画、飛行ログなどの個人データの保全にとって、脅威となる脆弱性を発見した研究者や専門家の見識を蓄積するためのプロジェクトであり、
ジオフェンシングの制限や飛行高度制限、電源に関する警告など、アプリの強制終了や飛行上の安全に影響を及ぼす問題点を発見することも目的とされているそうです!

セキュリティの脆弱性を発見した際、その深刻度によって、
100 ドルから 30,000 ドルの報奨金
を情報提供者へ支払うとのこと!

現在、プログラムの条件や応募フォーマット等を明記した、DJI のサーバーやアプリ、ハードウェアに関する脆弱性を報告するためのウェブサイトを作成しています。脆弱性に関する報告は、
bugbounty@dji.com
でも受付を開始し、専門家によるレビューが始まっているそうですよ(*^^*)

やはりトップシェアを誇るDJIはセキュリティに関する取り組みも一流だということですね~

 

今回のニュースは、以上です☆

各種コンテンツ

TOPへ