いま、世界中でも特に急速な発展を遂げている都市の一つ
それは中国の「深セン」

およそ30年で、人口が
「30万人から1400万人」
に増加したそうです。
調べたところ、東京都の現在の人口がちょうど同じくらいみたいですよ!

すごい変化ですね~~

日本とは真逆に、65歳以上の高齢者は2%しかいないそうです(´゚д゚`)
参考記事: 人類史上最速で成長する都市「深セン」で何が起きているのか

発展する都市なので、技術的にも世界の最先端となっています。
聞いた話によると、普通にドローンが飛んでいたり
「バナナの叩き売り」のようにドローンが売られているとか…

 

▼ササモモさんが深センに行った時の動画はこちら

 

▼世界から注目される「ロボットバトル大会」
そんな、近未来都市「深セン」にて行われている「ロボットバトル大会」
今回は紹介しようと思います。

きっかけは、こんな記事を見つけたことでした☆

参考記事: 操作はすべて“ドローン目線”!世界的なロボットバトル大会「ロボマス」に日本チーム初参戦

ドローンを通じての映像を見ながら、遠隔操作で戦うとのこと!
中国国内のみならず、ロボット技術の先進国から、様々な団体が参加しているそうです。

どのくらいの歴史がある大会なのかはよく分かりませんでしたが
去年の様子が載せられているサイトがありました。

参考記事: DJI、「ROBOMASTER 2017」をTwitchでライブ配信

さらには、この「ロボマス」を題材としたアニメまで制作されているそうですよ!
これについては、また次回!
▼「ロボマスター2018」プロモーション映像

「ドローンはなぜ、安いものと高いもので差があるの?」

その違いについて考えるシリーズ、第二弾です♪

前回の記事では、「技適マーク」の有無などについて取り上げましたが
結局のところ、ドローンの機体の価格は大きく分けると2点!
1.素材
2.安全性
の部分で価格が変わってくるようですね。

ドローンの価格をおおよそのところで分類するとしたら、だいたい
1万円未満
1万円~5万円
5万円~10万円
10万円~
の4つでしょうか(*´∇`*)

これから、その違いを分かりやすく解説してゆきますね!

まず今回は、5万円未満のドローンから。
このクラスは
200g未満の「トイドローン」であることが多いです。

▼1万円未満のドローン:練習用!

カメラの画質もあまり良いものとは言えず
飛行可能な時間も数分~10分程度だったりと、なんとも不安の残るトイドローン

けれど手軽に練習するには最適です☆
ちょっとした風(それも微風)の影響を受けちゃうからこそ、操縦の練習になること間違い無し!なんです(・ω<)☆

ちなみに、HUBSANが出している「Q4i HD200」なんかが、ちょうどこの辺に該当する感じでしょうか。

▼1万円~5万円:意外と使えちゃうよ!のレベル

1万円を超えるとなると、単なる「おもちゃ」では無くなってくる印象ですね。
思った以上に飛行も安定し、「ホバリング」の機能に驚かされることも…!
もう勝手に右に左にフラフラすることも無くなる…かもしれません(゚д゚)

「ドローン図鑑」で特にオススメなのは

▶Mambo

▶ESPADA(エスパーダ)

ですね。
では次回はより高額なドローンの秘密に迫ってゆきますよー!

今さらなんですが、ガジェットって幅広いですよね w(゚o゚)w
値段の話です☆

 

例えば、カメラと言っても数万~数十万と存在します。

参考記事▶70万円と4万円のカメラの違いは?キヤノンの全一眼レフカメラのスペックを比較・解説!

(ちなみにカメラの場合、価格を左右する要素としてセンサーサイズ、暗所における処理能力、フォーカスの性能、などがあります。操作性なども重要ですね!)

同じように、ドローンと一言で言っても同じく、数万~数十万とさまざま!
数千円で手に入る、トイドローンもありますよね。
今回は、いくつかのキーワードから「ドローンの選び方」「ドローンの違い」を見てゆきましょう

 

▼信頼できるかどうか?

ドローンは当然空を飛ぶ(飛ばせる)わけですから、地上から操作を行います。
つまり、操縦のために電波を使用するわけです。
電波は皆で利用するものですから、不正な機器・不正な電波の利用をしてはいけません。

この日本で使用される電波を発する機器は
「特定無線設備の技術基準適合証明」
を取得することが法律により義務付けられているんです。

これを通称『技適』と呼ぶんですね!

有名なメーカー(日本の正規代理店を通しているもの)の場合は、確実にこの技適のチェックが行われてると考えて良いのですが
ネット上で売られている激安なもの
海外のサイトで売られているもの
などの中には、この技適が付いていないものもあるのかも…?
そこはよく確認したほうが良さそうです!
トイドローンはビックカメラなどでも気軽に買える分、とっても大事なポイントです!

すごく厳密に言うと、違法な電波を飛ばして飛行させなければ問題にはならないので
極端な話、「電源を入れなければOK」ではあるんですが
やはり使うなら安心して使いたいですよね!

次回に続きます☆

 

▼参考動画です♪

ドローン図鑑に最近登場した「ドローンではない」ガジェット、チェックしました??

いくつか紹介されているのですが、その中でも特に
Insta360 ONE
がとっても気になる!(*´ェ`*)

ドローン図鑑はこちら▶「Insta360 ONE」

iPhoneとしか接続できない…などまだまだこれから便利になるのかもしれませんが
なんといっても一番の特徴は「バレットタイム撮影」という特殊な撮影方法!

ちょっと調べてみました☆

バレットタイムというは、映画「マトリックス」で有名なカメラがぎゅいーん…と回るような映像のことのようですね。
おそらく、動画を見てもらったほうが伝わりやすいかと思います(; ・`д・´)

つまり、
「自分の周りの360度」
というよりも、
「自分を周る、360度!」
と言うべき?

その特殊な「バレットタイム撮影」のやり方は…
『Insta360 ONEに紐を付けて、振り回す!』
それだけっ!

すると、紐の部分はソフト側が消してくれて、自分を中心にぐるぐる周る映像の出来上がりです!
(自撮り棒のほうが安定するらしいですが)

室内でも、外でも色んなシチュエーションでやってみたくなりますね(*´∀`)
参考記事▶カメラをぐるぐる回すとマトリックス! バレットタイム撮影ができる360度カメラInsta360 ONEを使ってみた

こんなかっこいい映像が撮れるなんて~~!欲しいっ!

今回は、
「女性が活躍する社会」
について話をしていきたいと思います(*’▽’)

いまや、女性の活躍がどんどん目立ってきてます(*^O^*)!!
というのも、そもそも背景には、
女性が活躍しにくい状態があったということなんですね。

そこで、ちょっと勉強してみました!

つい最近の話ですが、2016年
「女性活躍推進法」
という新しい法律が出来ているそうです。

日本では本格的な少子化を迎えて、どんどん働く人の数が減っています☆
そこで注目されてるのが、「女性の労働力」です!

ただ現状では、
働きたくても働けない女性が300万人いる☆
出産を機に6割の女性が離職する☆
育児後の再就職は、パート、アルバイトが多い☆
女性の管理職は1割ととても低い☆
など、、女性が活躍しにくい状態です。

そのため、
女性の為にもっと活躍する機会を!
ということで、作られたのが「女性活躍推進法」なんですね(・∀・)

やっぱり時代はどんどん変化している
だから一人ひとりの女性がもっと輝いていいんだ!

ドローンもちろんもそうですが、これからまったく新しい技術などが広まってゆくでしょう(*^^*)
そして新しい文化には、新しい働き方が生まれることでしょう。
私も広くアンテナを張っておきたいと改めて思いました☆

 

 

余談ですが…

日本の女性は、海外から見ると
「なぜあんなに頭がいいのに、活かせてないんだろう?」
と不思議がられるそうです(゚д゚)!

こんにちは!結衣です♪

今日はガジェットについてお話します☆
ドローンはガジェットの一部なのは知っていたのですが、ある日美容室で読んだ雑誌に「美容ガジェット」という言葉が!
そこには、スチーマーとかドライヤーとかがありました。

これは理解できます。
電気をガンガン使うのがガジェットだと思っていたので、この二つは理解できます。
ですが、そこには「コロコロローラー」も掲載されていたのです!

正直、私の感想は「え?それもガジェット扱いなの?」ってこと。

だから、ガジェットについて調べてみました。
ガジェット(gadget)とは一般に道具、装置、仕掛けのこと(By Wikipedia)
うーん、確かにこの定義なら「コロコロローラー」はガジェットですね。

同じく、Wikipedia情報なんだけど
ガジェットは、特別な機能や実用目的を備えている道具で、通常の技術より変わっていたり独創的なデザインがなされたりする傾向にあるものを指す事が多い。
なんですって。皆さん知ってた?

なんだか、言ったもの勝ちって感じの世界。
とはいえ、今や美容は機械の力を借りて行うものだし、「女の子だからガジェット分からない~」とか言ってられないわけですね!!

これからもドローンをはじめ、ガジェットについても勉強していこうと心を新たにする結衣なのでした☆

 

参考記事▶お家で本格美肌ケアが叶う! 最強の「美容ガジェット」ランキング

今回は、前回の「女性の自立」について、さらに深い話をしたいと思います☆

前回の記事はこちら▶女性が自立してゆくために必要なもの☆
まずは最近知ってビックリしたことからお話しますね(゚д゚)
安室奈美恵さんって、40歳になっていたんですよ~~!!見えない!!!

現在も全国ツアーライブを精力的にこなす安室奈美恵さんはまさしく女性が憧れる女性です☆

安室奈美恵さんが女性から人気なのは単に可愛いだけじゃなくて、常に第一線でバリバリ活躍されてるからでしょう(^^)

ずっと第一線で活躍しているのは「常に」、「変化し続けて」いるからだと思います。
20代の頃と今では、全然スタイルが違いますよね?
「依存」から「自立」へと「変化」してきたからこそ、「安室奈美恵」という自分の看板で勝負出来るようになったんだと思います。

女性に限らずですが、仕事において自立していく為には、自分自身の魅力をあげて、「自分」という看板で仕事出来るように
日々の努力が積み重ねることが大事だと、思うんです♪

さて、これを読んでいる人に質問です!
「自立している」
というと、どういうイメージですか?

・経済的に独立している

・自分の意見がはっきり言える

・自分で決断できる

等々、なイメージがありますよね。

ですが、
広い意味で考えて「本当の自立」とは何かというと、、、
「依存しないこと」になるんじゃないでしょうか?
つまり
お金や、心の安定、幸福感等、
自分にとって必要なものは、自分で手に入れる!これが自立しているってことなんじゃないでしょうか(*^O^*)

何かにつけ、してもらうことを期待しちゃう女性って、周りに必ずいますよね。
・恋人に幸せにしてもらおう
・友達に助けてもらおう
・夫に養ってもらおう
など…。

女は弱い、無力、だから与えてもらう権利があると、無意識に思っているのかもしれませんね。

ですが、
今、時代は変わり、生き方の選択肢の幅も増えています。

やはり大切なことは
「私を幸せにするのは私」
だということに気付くことなんじゃないでしょうか☆
自分の人生を生きるのは自分ですからね。

今の時代の自立女子に大事なポイントをまとめてみました(*^O^*)!!

★待機よりも行動!
★自分を知る、理解する
★誰かに必要とされれば良い
★仕事もプライベートも充実
★好きなことはとことんやる
★頼りすぎない
★プライド上げすぎない

自立女子になるべく、
努力を重ねることが、いまの時代は特に大切ということですね(⌒‐⌒)

ササモモさんもよく言っていましたが、
「女性がどんどん仕事で自己実現してゆく将来」
を作って行ければと思います。

ちょっと固めの話題でしたが、今日はこの辺で!

こんにちは!結衣です♪

2014年の紅白歌合戦にもドローンが利用された模様!
私はリアルタイムに見ていないので、正直、そうなんだーって感じで見ていたのですが!!!

2014年の紅白歌合戦の司会者は、紅組が吉高由里子さん、白組が嵐さん、総合司会は有働由美子さん。軍配は白組だったようですね。

紅白もすごいけど、単純にこの映像が凄い☆
単純にこの映像が美しい~~!^^

 

3年前にこういったことを実現させてるって、すごいですね!

 

おそらく、飛行プログラミングされたドローンを同時に動かしているのだとは思うのですが、すごい!
飛行プログラミングができても、どのように動かすのか、その残像とかも計算に入れてのイリュージョンは圧巻の一言。

緻密な計算のもと、何度も調整をしながらの出来栄えなのでしょう。
ちょっと遠くて確認はできないのですが、これを操っているように見える人はきっとどや顔なのでしょう!
てか、私だったら全力のどや顔です!確実に!

ちなみに、これはPerfumeさんの演目時に利用されたようです。
確かに、Perfumeさんはデジタルな感じの楽曲や踊りが多いので、ドローンにも合いそうですよね☆
目の付け所が最高です!

色んな映像革命が起こりそうなドローン、今後も目がはなせません!

 

参考▶あの映像もそうだった!ドローンで撮影されたミュージックビデオ5選

TOPへ