今回は、ドローンとは少し離れるのですが「VR」について紹介します☆

 

まずそもそもVRとは?

VRはVirtual Realityの略で、日本語では仮想現実と訳されることが多いです。
ここ数年で急激に注目され、進化を遂げ、特に2016年は「VR元年」と呼ばれる程に、各メーカーがVRソフトウェア、ガジェットを競って発売しました。

VR体験、VRゲーム、VR動画、、など、最近、VRという言葉をよく耳にするようになりましたね。
2015年の前半はまだそんなに普及してなかったのですが、後半になってから各メーカーが次々にVR製品を送り出して、VRという言葉はだんだん盛り上がってきました(^^)
なんですが、、まだまだ一般人にとってVRは新しい概念といえます。

 

で、VRは一体なにが今までと違うのか、ゲームを例にご説明します。

VRは、専用のガジェット(ゴーグルや、ヘッドマウントディスプレイと呼ばれます)を装着すると、仮想現実の中に、あたかも自分が本当にいるかの様に、体験が出来ます♪

「一人称視点」はゲームではよく知られているかもしれませんね。
従来の一人称視点ゲームでは、ディスプレイに表示されているのが全てです。
いわば、ディスプレイに表示出来る範囲が、そのゲームの世界の限界です。

しかしVRは違います、360度視界を覆うVRガジェットを装着すれば、
文字通り「見渡す限り」360度が「仮想現実」の世界です。

「仮想」ではありますが、専用コントローラーを使って操作をすれば、脳が「現実」と錯覚してしまう程、リアルにそして自由に「仮想現実」を体験することが出来ます。

あまりのリアルさに、現実と仮想現実とのギャップから「VR酔い」と呼ばれるものまで起きることがあります(笑)

さながら、映画「マトリックス」みたいですね♬

さて、これまでVRについて説明してきましたが、やはりVRは体験するものです!
百聞は一見にしかず!
体験してこそ、VRの魅力が初めて、伝わるかなと思います。

そこで、最後にVRを体験するに必須となるガジェット、その選び方について書いていきたいと思います。

 

⚫︎ガジェットの選び方

ガジェットもピンからキリまで、高価なものから、お手頃価格なものまで様々あります。

またゴーグルだけで体験出来るもの、専用の機材がいるもの、1人で楽しむもの、複数人で楽しむものもあります。

確かに性能がいいものの方が、仮想現実への高い「没入感」が味わえます。

体験するのがするのに、必要なのが、「ヘッドマウントディスプレイ」です!!
VRを体感するには、視界を覆う必要がありますので、必要不可欠ですね(^^)d

とはいっても、今はたくさんの商品がありますので、「選び方」についてのポイントもお伝えしたいと思います(^^)d

まず、
ヘッドマウントディスプレイには、スマホを利用するものと、パソコンなどの高性能な外部装置が必要になるものと、2種類あります(^^)

基本的に、前者は安価で簡易なものが多く、後者は高価でその分高性能なものが多いです。
初心者であれば、まずは前者でも良いかもしれませんね(^^)d

ヘッドマウントディスプレイの中にはディスプレイパネルが存在し、それを半分に分割して両目に対応してますので、普通のテレビやモニターと比べて横の解像度が、半分の960×1080に、なってるものが多いです。

気を付けたいことですが、
映像の滑らかさ、画質などは快適なVR体験のために大切です。
もし、性能が悪ければVR酔いという厄介なものを引きおこすこともあります。
車酔いの感覚に近いですね。
せっかくの新しいVR体験もそうなれば楽しくなくなるでしょう。

そのためにも、ディスプレイについて重要なポイントをお伝えします!

まずは「パネルの質」ですが、フルHDがおすすめです。そして対応パネルが、液晶よりも有機ELのほうが画質は良いです。

それから「視野角」
これも高ければ高いほど没入感も高まります。

そして、何より大事なのは、「リフレッシュレート」です。
Hzと表示されているものですが、
たとえば70Hzという表示では、1秒間に70回画面を書き換えて映像表示しているということです。
数値が高ければ高いほど、映像はなめらかに映しだされます。
最低でも60~75、快適な体験のために90はほしいと主張するメーカーもあるそうです。

 

ですが、VRは「楽しむ」ものです。
そして「体験」、「体感」するものです。
人によって「体感」は違います。
細かなことを言えばゴーグルの装着感等、、

VRは「体感」が売りなので、ほとんどの大型ショップでは試体験出来ます。

リアルとバーチャルがまさに融合したVR、是非ご自身で直接「体験」して、最適なガジェットを選んで下さい♬

本日は、ドローンで空撮する時には必需品?になるかもしれない
「飲む日焼け止め」についての記事です(*^O^*)!
え!!
塗るんじゃなくて、飲むの?!
とびっくりされる方もいるかもしれません(^.^)
…何を隠そう、私も飛びついた一人です(///∇///)

うっかり日焼け止め塗るの忘れてた~、とか、塗り直しもめんどくさいし、、
クレンジングも困難だったりもします。。
背中や手の届かないところ、目元、口元、敏感肌の方にとっても塗る作業は大変だったりします。。

それが、なんと!飲むだけで日焼け止めが出来ちゃう、夢のようなアイテムがあるらしいので紹介しますね( *´艸`)

そもそも「美白」は、
以前からブームにはなってますが、、どんなメリットがあるかご存じでしょうか?(*’▽’)

「色の白いは七難隠す」
いうことわざがあります。
そう、肌が白いというだけでたくさんの欠点をカバー出来ちゃうんです(*´艸`*)

第一印象はとても大事ですが、
男性が女性を見て一番印象に残るのは、「肌」だそうですよ☆
本能的に見てしまうそうですね!
実際にアンケートを取った結果も、圧倒的に色白が人気でした(^^)

それでは、「飲む日焼け止め」についてですが、
去年から徐々に流行しはじめました。
数年前にバラエティ番組で取り上げられて以来、芸能人や美容関係者にじわじわと広まり、今や夏の紫外線対策にはなくてはならないアイテムになってます♬

世界では数年前から流行ってるそうですね!
日本では、紫外線は、夏!というイメージが多いですが、実は365日毎日降り注いでいるんです。
紫外線の強い国では、皮膚ガンの発症が高まっていて、社会問題にもなっています。
放っておいては、健康や美容にも大きな影響を与えますね。
それが、「飲む」だけで対策出来るとは画期的で、注目されているのも分かりますね(*^O^*)

一言で言うと、紫外線による日焼けダメージを身体の内側から抑制してくれるんです。
紫外線を受けると身体には色んなことが起きます、、

ビタミンDが作られ、骨が丈夫になる、というメリットもありますが、
シミやシワの原因になったり、肌の酸化、なにより肌が黒くなる、など女性にとってはデメリットも沢山、、、

 

今はたくさんの商品が出ていますので、ぜひお気に入りの一品をゲットしてみてください(^^)/
ドローン女子いちおしは、「ホワイトヴェール」です♪


ただ、普段から美白を推奨しております私から言わせると、、
飲む日焼け止めだけで安心!!
…ってことはありませんので、
日傘や帽子をかぶる等、Wで対策することをオススメしますヾ(*゚∀゚*)ノ

いつまでも若く美しく、キラキラ女子でいるためにも、日焼け対策は万全に(*´艸`*)

まずは、「飲む日焼け止め」から、お試しください(*^O^*)!!

本日は、ドローンレースについてお送りします(*^O^*)

「レース」ともなると、あまり馴染みがない、やったこともないという分野のお話かもしれませんが
調べてゆくと今回もとってもワクワクする内容盛りだくさんです!
みなさんにも無限の可能性とチャンスがある事を説明できればと思います☆☆

一大産業となる可能性を秘めているドローンですが、
スポーツの分野でも大きく発展しようとしておりまして、
「ドローンレース」を、オリンピックのモータースポーツ部門に加えるという話が出ているほどです!

ドローンレースとは、通常「FPV」レースのことをさします。
訳すと、一人称視点ということで、要するに、パイロットの視点でドローンを操縦するという事ですね。
専用スコープを装着し、操作すれば、あたかも自身がドローンに搭乗して、「運転」しているかのようなリアルな体験ができちゃうんです\(◎o◎)/
時速100㎞に達するFPVの映像は、映画スターウォーズのポッドレースさながらの迫力で、たくさんの人を魅了しています!
日本での知名度はまだまだですが、アメリカでは次世代の「オートモービルスポーツ」として注目が高まっているんです。
そんなドローンレースが、2016年3月7日、海外のドバイで行われました!
そこでの条件は、
1チーム最低4人で構成され、
(パイロット、ナビゲーター、技術者、ピットクルー、チームリーダー)
スポンサーが付いていること。

そして、賞金総額は、なんと100万ドル越え!
日本でも、一般社団法人日本ドローンレース協会など、ドローンレースを楽しむコミュニティーもあり、ドローンレースも度々開催されています。

その中でも、今回おすすめしたいのが、京商さんの「ドローンレーサー」です(^^)
コンセプトは、なんと「未来の空飛ぶ車」です!カッコイイですね(^^)d

SF映画の世界に登場するような未来マシンで、ホイールコントローラーで、地面スレスレを滑空する、レースドローンです!
初心者でも操作も簡単、誰もが「空を馳しる感覚」を楽しめます。またフロントの色をカスタム出来たりと「クルマをイジる」楽しさも味わえます。

東京ビッグサイトで開催された、「2016第56回全日本模型ホビーショー」では、鈴木社長自らプレゼンテーションされていますよ(*^^*)

そんな京商さんの企業理念がまた素敵です!
【遊びにまじめに夢に正直に】
かけがえのない人生の喜びをホビーを通して社会に提供したいと考え、感動を呼び、学ぶ楽しさのある製品作りを行われています。

しかしながら、
現在、ドローンレースが実施されてからはまだまだ日が浅いです。
別の言い方をすれば、ベテランと呼ばれる選手がいないということです。
つまり、
誰もが大会に出場し、「ヒーロー」になれる可能性があります(*^O^*)
先程紹介しました、ドバイのレースで優勝した方も、ドローンレース歴はまだ2年程度だそうです。
みなさんもぜひここから、ドローンレース参戦してみませんか??
あなたの才能も発揮できるかもしれませんよ!?

こんにちは!
亜美です(*’▽’)

今回は、ちょっと初心に戻るような話題を…

まずは、
ドローン
と聞くとどんなイメージでしょうか??
デジタルに弱い私は、
すぐに、
「私には関係ないモノだな~~~~」
とずっと思っていました。。

もしかしたらそんな女子も多いのではないかと思いますが、そんな方々の為にも!
そしてもちろん、ドローンが大好き♪という方にも、本日はドローンの魅力をたっぷりお伝えしたいと思います(*^O^*)

知れば知るほど、その魅力にハマっていきますし、
私自信も、自分のやりたいことが全部叶うのではないかと思うくらいにハマってしまいました((o(^∇^)o))

さて、まずは
ドローンとはなんぞや?!
というとこから説明いたします!
ドローンとは、、「無人航空機」です!
飛んでる時の音が、ハチの飛んでいる音を示す英単語「drone」に似てるとこからドローンと呼ぶようになったそうですね。

そんなドローンには、
様々な使用方法があります!
・絶景の空撮
・荷物の輸送
さらには、
・工事現場での測量
・橋などの点検
・防犯
・農業

などにも使われているそうです!すごい!
もちろん、
個人で自撮りを楽しむことも出来ますし、映画やテレビで使う映像を撮る事業者さんもたくさんいますね。

お次は、、
改めて、ドローン女子について!
「ドローンの魅力を発信する女子」
のことなのですが、
会える、飛ばせる、盛り上げる♪
をモットーに、全国のドローンイベントを開催しています。
みんなアイドル並みに可愛い~!!ヾ(*゚∀゚*)ノ
しかも、な、なんと!!
AKB48さんもMVの撮影協力もされてるそうですね!
今や、ドローンを扱える女子もどんどん増えてるんです♪

知れば知るほど、、
私も空撮したいーー!!
絶景も撮りたいし、自撮りもしたいです(*^^*)

そんなこんなで、、
今やドローンは、老若男女問わず誰でも取り扱えるものですし、今後はさらに用途も広がっていくと期待されていますので、
この先、一人一台持つ時代もやってくるのではないでしょうか、??(*´艸`*)

みなさんも、ぜひ素敵な一台をゲットしてみてくださいね(^^♪

ドローン図鑑を見ていて、新しいタイプの子を発見しました!
その名も「Airblock」(σ≧∀≦)σ☆彡

 

ソフトバンク コマース&サービスさんが、7月14日に発売したばかりの最新情報!
プログラミングもでき、ドローンを組み立てる事もできる中国Makeblock製のモジュール式教育用ロボットだそうです♪

 

対象年齢は、なんと8歳以上!
私でも取り扱いは簡単♪(笑)

 

離着陸、旋回、宙返りなどをプログラミングすることもできるので、ドローンの面白さを存分に楽しむことが出来そうです。

 

スマートフォンのアプリを使ってコントロール可能!かつ重量も150g、ホバークラフトモードでも195gと規制内かつ軽いのが魅力的ですね♪

話題の“モノ”情報をわかりやすく紹介するWebマガジン
SAKIDORI(サキドリ)
にトイドローンのレビュー記事が掲載されました!


ぜひ、チェックしてみて下さいね!

→ さまざまな操縦方法に対応できる注目のドローン機種が登場

ドローン女子「はぴさや」が機体を紹介してくれます♪

 

また、機体の紹介で使用したドローンは
HUBSANシリーズの「X4 AIR PRO」です。

 

先日、DJIから「Spark」が発売されたことで、
ますます話題が高まるドローンの世界!

新しい仲間が加わって賑やかになる反面
「どれが良いの?」
「やっぱり新しいほうを買うべき?」
と、感じる人も多いのでは??

そこで今回は、
SparkMavicPhantom
これらに登場頂き、違いを分かりやすくまとめていこうと思います!

Sparkのポイントは「軽さ」「操縦」「色」

まずは300gという重さが特徴!
200g以下ではないので、航空法については知っておく必要がありますが
500mlのペットボトル

よりも軽いって、すごいですねー!

次のポイントは操縦面

例えば、

 →被写体を捉えたまま斜め後ろに上昇したり
(いわゆる、引きの絵ってやつでしょうか?)

 →真上で旋回したり

などを簡単に行えるクイックショット機能が便利そうです。
映画のような撮影ができるかもしれませんよー!

それからもう一点!
Sparkはカラーバリエーションが多いことも嬉しいですね。
他のドローンはだいたい白か黒という印象なので…

かわいいドローンを持ちたい!
それなら断然Sparkだと思います!

もっとドローン業界もカラフルになっていくと良いなというDJIさんの願いが込められているのでしょうか(妄想です)

 

Mavicのポイントは「折りたたみ」

アームの部分を折りたたむことができるMavicは、
今回登場する3種類の中で、最もコンパクトに収納できるドローンになります。
重さはある程度(700gほど)あるのですが、機体を折りたたむことで83×83×198mmと500mlと
ペットボトルほどのサイズになります。
持ち運びに便利ですよね。

それに、1200万画素、4K動画撮影可能とカメラ機能も充実!
プロポも小型化されていて、女性のほうが扱いやすいかもしれませんね。

Phantomのポイントは「安定した空撮」

ドローンなんて、軽ければ軽いほうが良い?
いえいえ、そんなことはありません!
状況によっては、ある程度の重さが必要になることもあるのです。

それは例えば…風のある屋外です!
軽い機体だと強い風の影響をすぐに受けます。
もちろん安全面に問題は無いのですが、より安定して美しい空撮を行うためには
多少の風でもブレない安定したPhantom4の出番でしょう。

 

それぞれの特性を理解して選びましょう

違いについて、次のようにまとめてみました!

 

さぁ、まずはどれを使ってみますか?

 

 


■Spark(スパーク)関連記事まとめ

>> ドローン図鑑:Spark(スパーク)

>> DJI JAPANの新製品発表会に行ってきた!~Spark編~

>> 【DNN】ドローン女子ニュース!DJI JAPANの新製品発表に行ってきた!DJI史上最小ドローン「Spark」が日本上陸!!

>> ☆マコのハイパー商品レビュー☆「Spark」が日本にやってきたの巻

>> ジェスチャーで飛ばせる!?DJIが新しく「Spark」を発表!

ドローン基礎知識編
今回のテーマは
モード1モード2?」
です☆

 

ドローン基礎知識編 シリーズとは??

「これからドローンをはじめて飛ばしてみたい!」
という方が、まず初めに知っておくべきことを分かりやすくまとめてゆくシリーズです。

今回は、ドローンを操る操縦機
通称、「プロポ」に関するお話をしましょう♪

このプロポの操縦方法なんですが、2種類存在するんですね。

この操縦方法、まったく違います!

たいていの場合、どちらかの操縦に慣れてゆくかと思いますので

「私はどちらでも操縦できますよ」

なんて人がいたら

「すごーい!」

と思いましょう(ほんとに、すごいと思います)
さて、ではモードの説明です

●モード1

●モード2

ええと…上が前で…右の下が下降…なんて、こんがらかってきますね

そこは、慣れです(笑)

コツは、
「まずは上昇・下降だけ覚える」

そして次に、
ホバリング(空中で静止)できるように前後左右を覚える」
最後に、
「右回り・左回りを覚える」
ですね。
私はこの順序で練習しました~☆

 

 

そもそも…のお話ですが
なぜ操縦方法が2種類あるのかというと、
もともと日本ではラジコンヘリの操縦がモード1で普及していたからなんですね。
後からドローンモード2として使われだしたのです。

なので、
「日本で、先生から教わって学んでゆきたいならモード1
と言われています。
空撮でこの道15年!なんて先生は、モード1の方が多いです。
そして、モード1のほうが空撮に適した動きをさせやすいという面もあるようです。

ただし、
「今後のドローンの普及を考えると、モード2に慣れておいたほうが絶対良い!」
という意見もあります。
直感的に理解しやすいのはこちらの操縦方法かもしれません。

メリット・デメリットありますのでうまく選んで下さいね。
はじめは、両方を試してみることをオススメします。

慣れるまではパニクっちゃうこともあるかもしれませんが、
何かあれば「地面に下ろす」
これだけしっかり意識してけば大丈夫!

 

ドローンの世界をより楽しむためにも、まずは思い通りに操縦できることですね。
難しくない!練習あるのみっ!

ではまた!

TOPへ