コラム ドローンって??

飛行申請にはスキルが重要なポイントに!国土交通省のガイドラインが示す、5つのスキル☆

2017年12月08日

こんにちは!結衣です♪

今回のお題は、飛行スキルについてです☆

 

飛行申請時に必要となる「飛行スキル」5つって?

ドローン飛行申請の飛行スキルについて記述する箇所があります。
調べてみるとその飛行スキルにも基準があるのです!これは調べてみる価値あり!!ということで探求心の塊の私は調査に乗り出したのです(*´∀`)
まぁ、意外と結構簡単に調べることができたのですが(笑)

国土交通省の推奨するガイドラインに沿ったスキルは5つ
1.10時間以上の飛行経歴
2.操作性
3.航空法関係法令に関する知識
4.安全飛行に関する知識
5.飛行前のチェック
とのこと。
注目していただきたいのは2の「操作性」ですね。なんと!!!これには基準があるようです!

 

飛行スキル「操作性」は、具体的にどういったものでしょう?

GPS機能なしで、
・上昇
・一定位置、高度を維持したホバリング(回転翼航空機に限る。)
・ホバリング状態から機首の方向を 90°回転(回転翼航空機に限る。)
・前後移動
・水平方向の飛行(左右移動又は左右旋回)
・下降
ができること!当然、上記項目毎に一定時間の練習が必要になってきますね。

 

ホバリングや八の字飛行…細かいルールがたくさん

ちなみに、ホバリングの場合、操縦者の目線の高さで5分間のホバリングをおこないつつ、半径50cm以内に留まる操縦練習、対面での操縦練習、などルールが結構あるようです。
その中でも一番大事なのは、八の字飛行。安定して5回の旋回はできるとGOOD!!のようです。
ミツバチの八の字ダンスを思い出してしまいました。ここでも「蜂」が関係するんですねぇ~(無理やり…)

でも、許可申請が通った!ということは、上記のスキルはクリアとみなされている、ということです!
それってかっこよくないですか~?
ドローン?許可申請が通るくらいに飛ばせるよ!ってかっこ良い~☆☆

許可申請、奥深し!!

各種コンテンツ

TOPへ