コラム ドローンって??

航空法を勉強して、安全なドローンライフを♪ 続き

2016年09月09日

前回のコラムでは、
ドローンは、空港付近では飛ばしてはいけない
・150メートル以上の高さに上げてはいけない
・人口密集地で飛ばしてはいけない
ということを勉強しました。
なかなか厳しいように感じてしまいますが、このルールをきっちり守れば自由に飛ばして良い、とも言えますね!

ところがこれ以外にもルールがまだあるのです(ノ゚ο゚)ノ

ルールというよりも、マナーのようなものかもしれません。

それが、こちらになります!

◆日中(日出から日没まで)に飛行させること
◆目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
◆人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
◆祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
◆爆発物など危険物を輸送しないこと
◆無人航空機から物を投下しないこと

簡単に言うと、見失わない、人や物に当てない、物を落とさない、ですかね。
危険な使い方をしなければ大丈夫そうです!

次回は「許可を得るための申請」について書きますね。

←前へ【航空法を勉強して、安全なドローンライフを♪】

【航空法を勉強して、安全なドローンライフを♪ その3】後ろへ→

各種コンテンツ

TOPへ