コラム ドローンって??

空撮の歴史…ドローンの可能性について

2016年09月14日

前回までのお話は…「ドローン誕生前は、空撮にするにも大変なことが多かった」というものでした。

今はドローンがじょじょに普及していますから、操縦できる人も増え、
色んな楽しみ方を追求したり、仕事として撮影を行っている方もいると聞きます

私が一番驚いたのは、火山の空撮!

現在も活動している火山の、火口付近までドローンを飛ばして撮影を行うわけです。
その付近の温度は、何度くらいなんでしょう…

このようにドローンだと、人が足を踏み入れるには危険なエリアにも進入することができ
昔の方法よりももっと近い距離まで接近することが可能になるということです。

様々な形で、ドローンが人々の暮らしなどに貢献していると言えますね。

←前へ【空撮の歴史ドローン誕生前は?】

次へ【ドローンの意外な使い方!(測量編)】→

各種コンテンツ

TOPへ